アドセンス広告をブログに貼るのはマジで損してる理由

ウェブサイト

こんにちは、ちあき坊やです。

グーグルさん、いつもお世話になっています。

もちろんグーグルさんには感謝してもしきれないし、わたくしめはもはやグーグルさんなしでは仕事にならない、とさえ言えるほどグーグルさんにはいつもお世話になっています。

 

さて、その上で今回の記事なのですが…

以前こんな記事を書いて、

ブログで稼ぐ仕組みを解説!そんなトコに広告なんか貼るから稼げないんだよ

この記事では

「ブログ収益を上げたいならアドセンス広告は貼るべきではない」

という主張をいけしゃあしゃあとしてしまいました。

 

これはもちろんアレですよ?

グーグルさんに文句を言っているわけではなく、 「ブログを上手に活用してビジネスを繁栄させることが目的ならアドセンスは貼らない方が合理的である」という意味です。

要するに「アドセンスは外した方が絶対、結果的に得できるよ!」ってことを言っているのですが、今回はその辺の細かいお話をしようと思います。

もちろん、アドセンス広告を貼るのはブロガーとかはみんなやってることだし、彼らを否定する意図も全くないです。

それで上手く言ってる人もたくさんいるんだし、今回の話はマジでただの一個人の意見です。

でも、こういう考えも一つオモロイかもなあ、という感じで参考にしてくれれば幸いです。

アドセンス広告=せっかく溜めたパワーを小銭に自動変換される

で、そうそう…

前回の記事で何を言っていたのかを一言で要約すると、

「せっかくのアクセスを小銭なんかに変換するのはあまりにももったいない」

という理論です。

 

要するに、そんなチマチマしたところなんぞでお金を稼ごうとするなよと。

そういうお話をしたわけです。

特に、個人ブロガーみたいなスタンスでやる人は、アドセンス広告を貼るのは本当に不毛でしかないと思っています。

ひたすらPV数だけを狙って広告収入を狙う方針であれば、アドセンス広告を貼ってもいいし、そこからの収入がメインになるかもしれません。

でも、クリック課金型の広告を貼ることによって誰に価値を提供しているのか?というと、主には広告主側です。

せっかく自分のメディアで情報発信するのに、わざわざ集まってきたアクセスを、見ず知らずの広告主さんのところに流していくだなんて、もったいなすぎませんか?

もちろん広告主にとってはありがたいので価値提供の形としては立派な仕組みだと思います。

クラゲさん
なぜか上から目線

でも、広告へと送客する立場からすれば、このビジネスモデルは何とも収益性が悪い。

アドセンス広告へアクセスが流れていくということは、 せっかく自分のメディアに訪れたエネルギーを、すぐさま小銭に変換するという行為です。

もちろん「まずはブログで稼ぐ感覚を身につけたい」っていう意味で、まずはお金を得てみたい、とか、そういう意図をきちんと持っているんだったらいいと思います。

いや、そういう目的のサイトアフィリエイトみたいなヤツだったらアドセンス広告を貼るのは当然なんですけど。

でも、個人メディアでそれをやる意味あるのか?となると、やはりせっかくのアクセスをお金に換えるメリットはほとんどないかな?って思うんですよ。

目に見える「お金」という形のエネルギーだけを追うべからず

こういうこというと「うさん臭い!」って思われるかもしれないのでほどほどにしておきたいんですけど、そもそも「お金」というものは、何らかの「エネルギー」が具現化して、現実世界に物質化したものです。

(って考えるとわかりやすいです)

これだけだとマジで意味不明だと思うので、ちょっと説明してみます。

オカルトとかではないですよ。

ちょっと遠回りする気がしますが、話はきちんと「なぜアドセンスを貼るべきではないのか」にきっと戻ってくるつもりです。

エネルギーと徳とお金を交換するという概念

さて、「エネルギー」というものを「価値」とか「徳」という概念で考えてみましょう。

この際、「エネルギー=徳=価値」みたいな考えてもらった方がわかりやすいかもしれないです。

例えば、マッサージ師が施術1回1万円のサービスをお客さんに提供するとします。

で、お客さんはその施術に対して、「お金1万円」という形のエネルギーを使ってサービスを買ったわけです。

商品やサービス自体も、「施術」という形のエネルギーをお客さんに与えることになります。

本来はこんなに等価交換ではないんですけど、これが一応、売買の仕組みのシンプルな考え方です。

こんな感じで、売買はエネルギー(お金)とエネルギー(商品やサービス)の交換が基本になります。

別にこれは何も、お金という形のエネルギーじゃなかったとしても、1万円分の施術を受けることができるかもしれません。

例えば、

  • そのマッサージ師と古くからの友達である(信頼という形のエネルギー)
  • マッサージ師のお家のお手伝いをする
  • お金の代わりに自分が野菜とか食べ物を持っていく

とか、こんな形でマッサージ師さんへエネルギーを提供することができれば、施術を受けることができるかもしれません。

という形で、 自分と相手がいて、何らかの形でエネルギーの循環(交換)をするのが売買活動の構造です。

これはネット上のビジネスでも原理はもちろん同じです。

例えば自分のブログから1万円の収益が上がったとしたら、お金で換算すると「少なくとも1万円以上のエネルギー(価値)」をネット越しのどこかの誰かに届けることができたということになります。

逆を言えば、「いくら頑張ってもアフィリで全く稼げません!」っていう人は、それってただ単純にまだ誰にも一円の価値も提供できていないだけっていうことになります。

素人
言われてみれば…くやしー!

エネルギーや徳はクラウド上に保存される

で、この「エネルギー」という概念は、「お金」という形以外でも、きちんとどこかに「保存」されます。

どこに保存されるのか?というと、僕らでは認識できない見えない世界です。

日本人は古くからこれを「天」とか「神様」みたいなところに徳が積まれる、みたいな感覚で表現しているっぽいです。

今風で言えば、天空にエネルギーを保存しておくクラウドがあるような感じですかね。

クラウド

(画像引用 http://icloud.skydocu.com/)

 

「エネルギー保存の法則」というものがありましたが、イメージ的にはあんな感じ。

さっきも言いましたが、お金っていうのは、このエネルギーが現実世界にて具現化したものです。

自分のところにお金が入る」っていうのは、つまりこのクラウド上に溜まったエネルギーポイントを、現実世界にお金という形で引き出した、という状態だと考えることができます。

例えば、1万円で泊まった旅館で、料理も美味しくて、心遣いも素晴らしくて、温泉のクオリティも高くて、大満足だったっていう経験をしたとします。

こういう時って、「こんな良いものが1万円?10万円でも払うよ!」ってなりますよね。(10万は高すぎるなら3万円でいいっす)

この場合、旅館側としては、「お金」という目に見えるリターンだけで考えれば、1万円分のエネルギーを受け取ったということになります。

でも、お客さんは1万円どころか10万円分満足してくれているので、お客さんから、その分だけ「信頼」という形でエネルギーを受け取ることができるのです。

差額分である9万円分のエネルギーが、お金としてではなく、「信頼ポイント」としてクラウド上に保存されるみたいなイメージですね。

こうなってくると、信頼ポイントが溜まれば溜まるほど、「この旅館にまた来たい!」「他の人にもぜひ紹介したい!」というリピーターや口コミが広がることに繋がります。

仮に、旅館側が「どうせ1万円のプランだから」と、それ相応のサービスしか提供するつもりがなかったら、お客さんもこんなに満足しなかったかもしれないですよね。

旅館側が「あ、だったら10万円ください。」っていって、その場で10万円もらうこともできるかもしれないけど。

ビジネスや商売の格言とかでも、よく

 

「損して得とれ」

「まずは与えることが大事」

 

だなんてわれていますが、その正体もここにあります。

まずはクラウド上にエネルギーを溜めないと、どう転がっても自分の元にお金は巡ってきませんよ、というのがこれらの格言の意味するところです。

本当のお金持ちは「徳持ち」

要するに、お金っていう目に見える形にエネルギーを換金するだけじゃなくて、もっと違う形(徳とか信頼)としてエネルギーを溜める方が、結果的に自分も得できるよ!っていうわけです。

お金持ちとか、稼げてるブロガーとかっていうのは要するに、稼げているその分だけ、多くの人にエネルギーを提供できているというわけです。

「記事が面白い!」とか「ためになる!」っていうは、読者さんに対して信頼という形でエネルギーを保存していることになります。

何かの商品をセールスしたり広告を貼ったりすると、その信頼ポイントを消費して、お金に換金されていく、というようなイメージですね。

だから、保存された何らかのエネルギーの、その一部をお金として換金できているというわけで、結果的にその価値がお金として巡り巡ってその人の元に舞い込んでいくっていう。

これが「お金を稼ぐ」とか「お金持ち」の正体でもあるんですよ。

つまりアドセンスを貼るべきではない。

で、ようやくここから話がアドセンスに戻ります。

ここまで説明しきたエネルギーの概念のことを考えたら、 「果たして本当に自分のブログでアドセンス広告を貼るべきなのか?」が見えています。

で、結論、多くの個人ブログの場合は、アドセンス広告収入なんぞを狙うべきではないと僕は思っています。

ちあき坊やさん
冒頭から言いまくってたけどね

ここまで説明した、エネルギーが保存されるっていう概念のこと知ってたら、アドセンス広告を貼るというのは一体どういうことなのか。

目に見える「お金」というエネルギーしか考えずに、信頼ポイントや徳を貯めようとしないのは、非常にもったいない。

アドセンスなどのクリック型広告でせっかく溜まったエネルギーを小銭に換金するのがどれほどもったいないことなのか。

 

「お金」っていうパラダイムで見たときだけで考えれば、確かに集まったアクセスを換金すればいいと思います。

広告収入で稼ぐことを目的にメディアを運営するなら、自然とこうなりますしね。

でも、

 

ブログで情報発信する目的は本当にお金のためなのか?

集めたエネルギーを金に換金するためにわざわざブログを運営しているのか?

 

こういう視点も持った上で、広告を貼る、貼らないの戦略を考えてみるべきだと僕は思うのです。

じゃあ、クリック型広告を貼って結果出してるブロガーとかはどうなのよ

確かに、実力のあるアフィリエイターやブロガーのブログを見てもあちこちに広告が貼ってあることも良く見かけますよね。

でもそれって、そもそも彼らのエネルギーの分母が大きいし、実力も違うから、多少くらいのエネルギーならお金に換金しても全然平気だからじゃないのか?という可能性とかもきちんと考えてみるべきだと是をんですよ。

これは物質量重視で各国にプレッシャーをかけてブイブイモノを言わせる大国アメリカの戦略みたいなもんで、小国がマネするような戦い方ではないというわけなんですよ。

クラゲさん
例えがとってもわかりやすいぜちあ坊さん!

だから、まだメディアのパワーが溜まっていない時ほど、まずは「溜めること」が優先だと僕は思っています。

まだエネルギーが溜まってないうちからガンガンお金に換金しちゃうのはあまりにももったいないですよ。

こんな感じで、もっと、見えないエネルギー、「信頼」とか「徳」とか、そういうところにも思いを馳せてみると、巡り巡ってもっと大きなエネルギーを受け取ることもできるようになります。

だから例えば、「有名なブロガーはアドセンスもしっかり貼ってるから」という理由で似たような位置に貼ってる人も多いかもしれないけど、それが自分のメディアにおける正解とは限らないというわけです。

せっかく自分のビジネスをやるんだったら下請けはするな!

アドセンス収入を目的にブログで稼ごうだなんて、まさにグーグルさんやその他広告主の下請けです。

これは大げさに言えば

「私がいっぱい面白い記事書いておくから、あとはグーグルさん、報酬ちょうだいね!」

っていう状態です。

彼らの広告の露出を増やすために、自分は客を集めるだけ。

全体の構造を理解していないと、こんなことにもなりかねません。

もちろん、これでお金は稼げるだろうし、これはこれでいいと思います。

でもこれ、自分のビジネスとは言えないよなあ、と。

それってただ単に、広告主さんのお手伝いをしているだけですよね。

自分が生み出した「人に読まれる記事」を安売りするくらいだったら、もっとエネルギー循環の良いところにそのエネルギーを投じた方が遥かに効果的なんです。

ブログの出口がアドセンス広告のみだと、せっかくの良いエネルギーがちょっとした「お金」にだけしか変換されない。

せっかく人に読まれる記事、クオリティの高い記事を書けるんだったら、もっとエネルギーの溜まりやすい形があるはずです。

 

もちろんアドセンスを貼ること自体がダメ!ってわけじゃないですよ。

でも、やるにしてもこういう「意図」を明確にした上で貼らないと気づかぬうちに損していますよ!

というお話でした。

アドセンス、クリック型広告まとめ!

ということで、現実的には、ブログを使って自分のビジネスをやって行きたいんだったら、きちんと自分のところにエネルギーが溜まるような導線をしっかり用意した方がいいと思います。

少なくともアドセンス収益のみを狙うのはちょっと自分のコンテンツを安売りしすぎてるのかなあと個人的には思います。

(もちろん、それぞれのメディアの戦略によりますよ!)

って考えたら、自分のコンテンツを持ってるんだったらやっぱり貼らない方がいいと思ってるんけど(笑)

まあこの意見はあくまで僕の個人的な見解ですが、考え方としては知っておいたらいいかな〜と思って色々と書いてみました。

 

ということで、健闘を祈る!さようなら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サイト運営、アフィリエイト活動のアドバイスなどをメインに生活している30代。趣味はアウトドアやスポ-ツだが、ムラっ気がある。グッズだけ買って満足するタイプ。ヌルヌルした生き物 NG。苦しくなったらすぐに音を上げたくなる。北海道 - 大阪- 九州にて活動する意味不明の多拠点生活中。