アフィリエイトで稼げていない人!7つの共通点とその改善策

どうもこんにちは、マーケター集団「B.M.K.C」ライターの、なかしゅーです!

なかしゅー
こんにちは!

アフィリエイトを始めてみたものの、全く稼げない。もしくは報酬はあっても、一昔前の小学生のお小遣いしか稼げていない。

なんていう悩みをもつ方は非常に多いと思います。

そこで今回アフィリエイトで生計を立てているちあき坊やさんにお話を聞いてみると、「稼げていない人」にはいくつかの共通点があることが判明!

ちあき坊やさん
ワシだ

この記事では、その共通点と改善策を合わせてご紹介していきます。

アフィリエイトって稼げるの?稼げないの?

なかしゅー
こんにちは、今日はよろしくお願いします!・・・ショボーン!

ちあき坊やさん
ハイハイよろしく〜。え?そんな深刻な顔してどうしたの?気でも引いてるの?

なかしゅー
実は、今日は聞きたいことがあるんです…
ちあき坊やさん

なかしゅー
アフィリエイトって本当に稼げるんですか?僕、もう2年くらい取り組んでるのに未だに全然稼げてないんですけど…

ちあき坊やさん
まあ、いくら頑張ってるつもりになっても稼げない人は確かにいるよね

稼げない人の7つの共通点と改善策

それでは早速、ちあき坊やさんが今まで100人以上ものビジネス初心者をコンサルしてきた上で見つかった、「アフィリエイトで稼げない人の共通点」を見ていきましょう!

共通点①「誰でも簡単に稼げる」と思い込んでしまっている

アフィリエイト初心者が陥りやすいのが

「アフィリエイト(ネットビジネス)」= 「楽して稼げる」

というマインドに囚われてしまう状態です。

この心構えのまま取り組みはじめると、記事を書くのが思ったよりも大変で諦めてしまったり、なかなか成果が出ずに数記事書いただけで辞めてしまうという結果になってしまいます。

でも、これはある意味で仕方のないことかもしれません。

なぜなら、そういう情報がネット上、果ては普通の書店にまで溢れかえってしまっているからです。

『1日たった1時間の作業だけで月○万円!』『完全ほったらかし!パソコンがあなたの代わりに月○○万円稼いでくれます』とかね。

中には、本当にその作業をすれば、数万円稼げるものも確かにあるかもしれません。

でも、そういう作業って、理論上は稼げる手法だったとしても、現実的に絶対実現はムリ!だなんて手法も実はいっぱいあるんです。

例えば

  • 何十・何百ページも同じ内容のページを作り続けて検索結果の上位を独占する
  • 膨大なリストを集めて、その人が必要かどうかもわからない案件をひたすら送りつけ続ける

とか。

このような感じで、ほぼ全てが単発式だったり、常人では到底長続きできそうにない作業をひたすらさせられるようなものだったり、言葉だけを聞けばラクだと思ってたけど、フタを開けてみれば全然楽じゃないなんてのもザラにあります。

というより、そんな「誰でもカンタンに稼げる手法!」がもし存在するなら、自分達でその手法を実践して、利益独占しますよね。

誰でも出来る作業なんだったら、外注やバイトでも雇ってその作業をひたすら実践すれば良いだけだし、わざわざそれをコンテンツ化して、広めるメリットも理由もありません。

仮にメリットがあるとするなら、それはもう、「その情報を売って儲かること」くらいなものです。

つまり、 この世に売られている教材ノウハウや情報というものは、基本的には「売る側にとってメリットがあるもの」というのが大前提なわけです。

その前提を知らないまま、甘い情報に踊らされて、楽そうな方法ばかりを繰り返しては時間を潰す。

稼げないから、また別の楽そうな情報を得ようとして新しいメルマガを読み始めて、時間を潰す。

クラゲさん
まさに無限ループ

「アフィリエイト(ネットビジネス)は簡単に稼げる、自分はまだそのノウハウに辿り着いていないだけだ」

このように、「ノウハウさえまともであれば稼げる」という心構えが、ネットビジネスでうまくいかない人の特徴の一つなのです。

ただ、ネットビジネスが参入しやすく、リスクが少ないビジネスであるということは紛れもない事実です。

実店舗を構えようと思ったら、当然それなりの費用がかかります。

初期投資、諸々の維持費、設備費、従業員の給料、などなど…。

しかも、もし万が一、その商売が早々に立ち行かなくなってしまった場合、最初の初期投資を回収することもできず手元に残るのは借金だけ…、なんて事になります。

その点、ネットビジネスなら初期投資が「パソコンとネット環境」だけです(正確にはもう少しありますけど)。

そのメディアが上手くいかなかったとしても初期投資がないから借金抱えることもなく、また気持ち新たに別のメディアを試してみたらいいだけなのです。

このように、アフィリエイトは、低コストでスタートできる魅力的なビジネスではあります。

でも、だからこそ、どうしても気軽にスタートしてしまう人が多いのです。

まずは、アフィリエイトは「誰でも簡単に稼げるものではない」という認識を大前提として持つようにしましょう。

改善策:ネットだろうが、れっきとした「ビジネス」として捉えること

なかしゅー
なるほど・・・じゃあ、どういう心構えで臨むべきなのでしょうか?

ちあき坊やさん
事業を始める!という感覚を持つことからスタートすべきだよね

なかしゅー
?????

ピヨ君があまり分かっていなさそうなので、解説していきます。

アフィリエイトは、たとえパソコン一つで手軽にスタートできる活動とはいえ、「もっときちんと、真っ当なビジネスとして捉えること」が重要です。

多くの人は、アフィリエイトのことを、ちょっとしたお小遣い稼ぎとか、ラクーにお金を稼げるようなサイドワークとしてしか捉えていません。

お金を稼ぐということは、誰かからお金を頂くということです。

アフィリエイトは、「紹介」という形の商品を売る活動でもあります。

どこかのサイトから商品を買うということは、ユーザーはそのサイトに対して信頼を寄せているということになります。

つまり、アフィリエイトは、メディアの信頼度を高めていき、その信頼度を「商品の紹介」という形でお金に変換していく活動と考えることができるのです。

「ブログで稼ぐ」というと何となく簡単そうなイメージがありますから、「ネット上に自分のお店を作る」という気持ちで取り組んでみるのが良いのではないでしょうか。

共通点②余計なことをしすぎている

ブログを始めたばかりの人や、なかなか成果が出ない時期に陥りやすいのがこの「余計なことをしすぎている」状態です。

  • サイトのデザインにこだわって、気がついたら何日も経過していた
  • よくわからないけど「SEO対策」に取り組んでみたものの結果は変わらない
  • 他にもっと良い方法があるんじゃないかとネットで検索しまくって時間を潰してしまった

色んなことにエネルギーを注いでしまって、結局力が分散してしまう、というのが稼げない人に多く見られる典型的な共通点です。

なかしゅー
でもデザインって、ブログには大事なものなんじゃないんですか?綺麗な方が読みやすいだろうし…

ちあき坊やさん
基本、ワードプレスならテンプレートにも任せっきりでもいいと思うけどね

サイトのデザインにこだわって、少しでもかっこいい・見やすいサイトにしたいという気持ちは非常にわかります。

しかし、デザインは、あくまでコンテンツをよりわかりやすく受け取ってもらうための「箱」にすぎません。

お店の外観にひたすらこだわった所で、そこで売っている商品が価値の低いものであれば意味がありませんからね。

昔と違って、ワードプレスでは有料・無料問わず、プロが作った綺麗なテンプレートがたくさんありますから、そういうものをそのまま利用した方がすんなり始められるし、デザインも十分すぎるくらい整っています。

そういった、 「自分じゃなくても一定ラインでいい仕事を任せられる範囲」のものに対しては、可能な限り労力や時間を掛けないように心がけることが大切です。

改善策:まず鍛えるべきは文章を書く力!

アフィリエイトをやっていく上で覚えるスキルは色々ありますが、その中で一番大事で、最もエネルギーを注いで鍛えるべきは「文章を書くスキル」です。

インターネット上のコンテンツはほとんどが文章で成り立っており、音声や動画のようなコンテンツも「言葉」からできています。

余計な事に力を分散する事なく、自分のエネルギーを一つに集約して、まずは「文章力」を鍛えていかなければなりません。

どんな手法に取り組んでもなかなか成果の出なかったちあき坊や君の場合も、

ちあき坊やさん
自分の持っている時間と労力の9割を文章に注ぎ始めた時期から、ようやく成約が生まれ始めた

と言っています。

人間は不思議なもので、 「自分が本当に今やるべきこと」に直面すると、無意識レベルで避けてしまうような行動をとってしまうようにできています。

クラゲさん
テスト勉強しないとダメなのに、やたらと机を綺麗にしたくなっちゃうよね!

だからこそ、「自分がどこにエネルギーを注ぐべきか?」をきちんと見極めて、そこだけに一点集中して臨むようにしていきましょう。

共通点③活動量、作業量が足りない

これもアフィリエイトでなかなか収入が伸びない・・・と悩んでいる人の典型的なパターンです。

アフィリエイターやブロガーの業界では、「まずは100記事!」だなんて言葉をよく聞くのですが、現実問題、そのくらいの量をこなす意欲がないと、そもそも収益なんてあがるはずもないのです。

ちょっとした記事をほんの20〜30記事を書いただけで、バンバン収入が生まれるような甘いものではありません。

「ブログで情報発信して稼いでやる!」と勢いよく始めてみたものの、1〜2ヶ月でやる気がなくなりそのままフェードアウトしてしまう方も多いです。

「アフィリエイトは楽に稼げる」という心構えのままでいると、「全然楽に稼げないじゃん…」と考え、やる気が失せて長続きしません。

なかなか結果が出ないのはもどかしいですが、アフィリエイトは「ある程度継続して活動しなければ結果は出ないもの」というのが大前提としてあります。

改善策:心構えが変われば、活動量は自然と増える

「ビジネスをする」という心構えをしっかり意識してさえいれば、必然的に作業量・活動量は伴ってきます。

自分でお店を経営している人が「今日は疲れているから、お店休んじゃおう」とはならないですよね。

そんなんで日々、気分に応じてサボってたら、お店潰れてしまいますからね。

「なかなかいい文章が書けなくて、手が止まってしまう」という方も多いかもしれませんが、まずは手を動かすということ、つまりアウトプットをすることが重要です。

アフィリエイトの知識や情報を吸収することがインプットであるならば、アフィリエイトにおけるアウトプットとは文章を書くこと。

人によってはですが、「頭ではなんとなく理解できてはいるんだけど、それを人に伝えることは難しい」と感じる方も多く、さらにそれを文章にして伝えるとなれば手が止まってしまって当たり前なのです。

ですが、アウトプットは訓練することで上達します。

「量からしか質は生まれない」

だなんてよく言われていますが、書き続けてさえいれば、少しづつ文章の質も上がっていくものなのです。

いきなりブログの文章を書くことが難しければ、インプットした内容をTwitterで呟くだけでも訓練になりますし、ちあき坊やさんのメルマガに感想を送ったりするだけで、飛躍的にライティング力がアップした読者さんもたくさんいらっしゃいます。

そのくらい、アウトプットの習慣をつけることはアフィリエイトで稼ぐことと密接に関係しているのです。

ですので、まずは好きなこと・日常を過ごしていてパッと思いついたことをアウトプットする用の自分のブログを立ち上げて、その日インプットしたことをどんどんアウトプットすることから第一歩を踏み出しましょう。

それさえ出来れば、案外、自分のブログからの収益はあっという間ですよ。

でも、多くの人は、この「アウトプットをする」というこの超シンプルな行為に対して高いハードルを感じるからこそ、その選択がそのまま「稼げない」という結果を招いているのです。

極端な話、とにかくアウトプットする習慣が身に付きさえすれば、情報発信で結果が伴わないことなんてほぼあり得ません。

いつだって例外なく、いわゆる「稼げている人」というのは「アウトプットし続けている人」なのです。

なかしゅー
それでもなかなか、記事が書けない時ってどうしたらいいんでしょうね…

ちあき坊やさん
まずは自分の情報発信を聞いてくれる人を1人でいいから探すこと。1人のお客さんを見つけて、その人に喜んでもらうことに集中すること

常にアウトプットし続けられる側の人間になるために重要なのが、とにかく「まずは目の前のお客さん」を作ること、です。

まずは「1人のお客さん」のためだけに集中して文章を書いていけば、アウトプットする相手が頭の中でありありとイメージがしやすくなり、書く文章一つ一つの臨場感が格段に高まっていきます。

「次にどんな情報を書いたら喜ばれるだろうか?」

「どういう書き方をしたら、より伝わりやすくなるだろう?」

と、常に相手のことを考えながら文章を書くことで、文章力も上がりますし、日々の作業も継続もしやすくなるでしょう。

共通点④扱っている案件が悪い

アフィリエイトでなかなか結果を出せない・・・という場合の共通点の4つ目として、「紹介している商品がそもそも悪い」というのがあります。

どう考えても、そのブログには不釣り合いな商品の広告が貼ってあったり、そもそも需要があるのかどうかすら疑問がある商品を扱ってみたり…。

アフィリエイトには様々な種類の商品がありますから、自分のメディアでそもそも何を扱えば良いのかわからず、とりあえず単価が高い商品を載せてみたりする初心者アフィリエイターもよく見かけます。

人気のない商品や売れない商品ばかり紹介していても、収益を伸ばすことは難しいでしょう。

つまり、アフィリエイト業界において、人気商品や売れている商品を扱うのは鉄則と言えます。

また、紹介料した時に発生する「報酬」の単価が低いものばかり扱っていても、なかなか収益が上がらないという結果になってしまいます。

その商品の特徴や口コミなどをしっかりとリサーチをした上で、自分のメディアで紹介するようにしましょう。

改善策:人気のある商品を扱いながら、メディアの「理念」を立てて情報発信していく

なかしゅー
人気の商品を選べばいいっていうのはわかるんですけど、理念って何ですか?なんか難しそうなんですけど…

ちあき坊やさん
抽象的だけど今後、情報発進をしていくにあたって重要な部分だよ。ぜひ理解してもらいたいから、今から説明していくのだ!

上でもお話しした通り、アフィリエイトで収益を上げていく事において、人気のある商品を扱うというのは鉄則であると言えます。

ただし、のべつ幕無し、売れる商品を紹介してばかりいると、節操の無い・統一感の無いメディアになってしまいかねません。

そこで重要になってくるのが、メディアの「理念」であり「コンセプト」です。

自分のメディアを持つにあたって重要になるのが、そのメディアを「どんな人に見てもらいたいのか」です。

ブログで書いた記事で情報を伝えることによって、どんな人の役に立って、どんな結果を得て欲しいのか。

それが「コンセプト」であり、「理念」とも呼べるものです。

これが決まらなければ、ユーザーが何を求めていて、どんな情報を書いたら喜んでもらえるのかということをイメージするのは非常に難しくなります。

先ほど、ちあき坊やさんが言っていた「まずは1人のお客さんを探して喜んでもらう」というのも、コンセプトや理念をより強いものにしていくために必要となります。

広告を選ぶ際は、自分で立てたメディアの「理念」や「コンセプト」に沿った商品を選ぶようにしましょう。

共通点⑤文章のスキルが足りていない

先ほど「共通点②余計なことをしすぎている」の部分でもお話ししましたが、ウェブ上にあるコンテンツのほとんどが文章で成り立っています。

文章がおかしい、あるいは分かりにくい記事の場合、そこに書かれた情報がどんなに素晴らしいものであっても

なんかこの記事読みにくいな〜、別の記事にしよっと!

といった具合に離脱されてしまう可能性が高くなります。

伝わりやすい文章が書けるようにならないと、自分が伝えたいことを相手に伝えることも出来ません。

改善策:相手が分かりやすいかどうかを常に意識する

「文章のスキルを上げる」というと難しく感じてしまう方もいるかもしれませんが、実はそんなに難しいことではありません。

成約率を高めるための文章術のことを一般的にはコピーライティングスキルだなんて呼びますが、そういったスキル以前に、

まずはこちらの言いたいことが正しく伝わるような文章を書く

ということに意識を置いておくことが重要です。

ちあき坊やさんのコンサルを受けた人の中には、分かりやすい日本語で、分かりやすい文章が書けるようになっただけで、急に収入が増えたという例もありました。

では、分かりやすい文章を書くためにはどうすれば良いのでしょうか。

ちあき坊やさんによると、分かりやすい文章を書くためのコツは「目の前に相手がいると考えて書く」ということです。

秀逸な文章を書こうとすると、相手を置き去りにしてしまう可能性があります。

相手と会話するようなイメージで情報発信をすると記事も書きやすくなるし、相手に伝わりやすくなりますよ。

ちあき坊やさん
僕のメルマガの中に、『文章の整え方』というコンテンツがあるからよかったら参考にしてくれ

メルマガ登録はこちら

共通点⑥売ることだけを考えてしまう

ネットサーフィンをしていると、記事の中にやたらとクリック式の広告ばかりが表示されて「うっとーしー!」ってなってしまった経験をしたことはありませんか?

自分はブログの記事が読みたいだけなのに、広告を間違って押しちゃって「ああっ!めんどくさっ!」なんてこともあると思います。

クラゲさん
北海道弁で「押ささる」ってやつだな

自分の儲けの事ばかり考えてアフィリエイトサイトを作ってしまうと、広告だらけの記事ばかり作ってしまって、相手にとってはものすごい読みづらい記事になってしまうものです。

結果的に離脱されてしまうことが多くなってしまって、Googleからの評価も低くなります。

改善策:相手が何を求めているのかを常に意識する

自分の利益を上げることだけを考えてやっていると、一時的に成果が出たとしても長続きしないことが多いです。

例えば、真偽のほどはわからないけど、紹介したら1万円の収入が入る「一日一粒飲むだけで、一ヶ月で10kg痩せるサプリ」をあなたのブログから購入したとします。

短期的に見れば、あなたには1万円の収入が入ることになりますが、結果が出なかった人は「こんな商品を紹介するなんて、なんて奴だ!」と思ってリピーターになってくれることはないでしょう。

そんなことを繰り返していけば、信用は下がり、ブログを訪れてくれる人も居なくなります。

ビジネスにおいて大事なことは、お客さんがどれだけ喜んで、満足してくれたかどうかです。

個人的にはですが、相手にとって重要な情報を伝えない、あるいは嘘をついてまで稼いだお金に価値はないと思っています。

ちあき坊やさんはこれを「エネルギーの低いお金」と言っています。

エネルギーが低い状態(自分が儲かるためだけしか考えていない状態)で稼いだお金は、自分の欲望を満たすためだけに使ってしまうことの方が多いようで、結果として無駄遣いしてしまったり、散財することの方が多いです。

「それホントに必要なの!?」って言っちゃうくらいの、高っかいスポーツカーを何台も所有してみたり、「一杯いくらすんの!?」みたいな高級シャンパンを呑んで乱痴気パーティーみたいな感じでしょうか。

なかしゅー
イメージが乏しいですね(笑)

そんなお金で生活して、あるいは家族を養って、幸せな人生を送れるようになるとは到底思えません。

逆に、人や世の中の為になるようなビジネスを営む人のところには、「良いエネルギーのお金」が集まってきます。

人に喜んでもらって、その対価として頂いたお金ですからね。

良いエネルギーのお金というのは、自分をさらに成長させてくれるような事に使ったり、さらに世の中の為になるような事に使われていきます。

自分や自分に関わる人、お客さん、世の中を循環しながらエネルギーがより高まっていく事になります。

ちあき坊やさん
勘違いしちゃダメだけど、お金を稼ぐことが悪いわけじゃ無いぞ!

一般的に「セールス」というと、何となく押し売りっぽいイメージを持つ方も多いかもしれません。

ひと昔前のイメージですけど、軒並み訪問して布団やらの押し売りとかありましたね〜。

本来の「セールス」のあるべき姿とは、お客さんに商品を販売してもらう事によって、喜びや満足感を得てもらい、そこでさらなる信頼を寄せてもらう事です。

「自分が儲かるため」だけの商品ではなく、相手にとって良いと思った商品を、相手にとって良いと思うタイミングで紹介するということを意識する。

そして、その商品を手にすることによって「相手がどのような良い結果、良い未来を得ることができるのか」を常に考えながら情報発信していきましょう。

⑦情報の質が低い

情報を求めて検索し、誰かがあなたのメディアに訪れてきてくれたとしても、その記事を読んで満足してくれるような内容でなければ、相手にとってみれば時間を無駄にしてしまったことになります。

その記事から発信される情報が「おもしろい」とか「役に立った」と思わなければ、当然あなたから商品を買うことはありません。

そもそも質の高い情報発信とは、「 相手が求めている情報+新しい価値観や世界観を与えてくれるもの」と言えます。

自分が今までに持っていなかった、新たな価値観や世界観を与えてくれることで人は「面白かった」と感じるのです。

読み手は、ネットで検索して読んだ記事が「面白い」と感じて初めて、そのブログの他の記事を読んでみたり、プロフィールを読もうという気にもなります。

ユーザーは、そうしてブログ内を周遊しながら、ブログの「理念」や記事を書いている人が提案する「世界観や価値観」に触れて共感や憧れを抱く事で、ブログへの信頼、書き手への信頼が高まっていきます。

ユーザーからの信頼が高まって初めて、実際に商品を紹介した時の成約が生まれます。

商品を紹介する時も「相手が求めている未来、達成したいこと」がイメージできるような文章の書き方をすることで、さらに成約率は高くなります。

ちあき坊やさん
セールス特化の記事もあるから、よかったら参考にするといいぞ

本当に使えるセールスライティングの学び方と書き方を教える

改善策:相手が何を知りたいのかを常に考える

情報の質の高さは、どれだけ相手の気持ちになれるかによって決まります。

「相手が何を知りたいのか」「どんな情報を求めてやってきているのか」「他に知りたい情報はないだろうか」

など、読み手目線で考えていかなければ、満足してくれる文章を書くことはできません。

なかしゅー
相手が何を求めているか考えるのって難しそうですね…

ちあき坊やさん
それは現実世界のコミュニケーションと全く一緒で、相手が楽しんで、喜んでもらえるような会話を意識しながら書けばいいのよ。

だからよく『「相手と会話しているシーン」を頭に浮かべながら書け』って言っているわけなのだ

質の高い情報発信をしていく為に、

  • 知りたい情報を求めてメディアにやってきたユーザーが、満足できる情報を分かりやすく紹介すること
  • プラスαの情報や、新たな価値観・世界観にふれることができること

この2つを意識して、ユーザーにより満足してもらえるような記事を作っていきましょう!

まとめ

今回は、アフィリエイトで稼げない人の原因と簡単ではありますが改善策をご紹介しました。

  1. 簡単に稼げると思っている→心構えを改める必要がある!
  2. 余計なことをしすぎている→まずは書くことに一点集中!
  3. 活動量・作業量不足→心構えを変えれば自然と増える!
  4. 扱っている案件が悪い→自分が売りたいものではなく、相手が喜ぶものを考える!
  5. 文章のスキルが足りない→相手が分かりやすいかどうかを意識する!
  6. 売ることだけを考えている→相手が満足するかどうかが大事である!
  7. 情報の質が低い→相手が何を知りたいのかを意識する!

アフィリエイトで収入を得ようと思って始めるうえで大事なことは、まずはその心構えだということですね。

簡単に稼げると思っていたままでは、作業量も活動量も伴ってきませんし、そもそも人の心に訴求する文章も書けません。

そして、この記事を読んでくれるユーザーが喜んでくれる姿を常に意識して、文章を書くということが重要です。

「相手にとって分かりやすい文章か」「相手が知りたい情報か」「相手が満足して、喜んでくれるか」目の前に相手がいると思って、イメージしながら文章を書いていきましょう。

先ほど、ちあき坊やさんが言っていた成功の秘訣

自分の情報発信を聞いてくれる人を1人探し、その人が心から喜んでくれるように文章を書く

これを常に意識して自分のメディアを育てていけば、すぐに結果も目の前に見えてきますよ!

なかしゅー
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です