【ブログの書き方】より訴求しやすくなるコツとテンプレート

blog

こんにちは、ちあき坊や君です。

ブログを書き始めて間もない頃は、

ピヨ
どういう構成でブログを書けばいいのかわからない・・・
クラゲさん
一記事を書くだけでもかなり時間がかかってしまう・・・
ピヨ
書いてる途中でどうしても言いたいことがバラバラになってしまう・・・

だなんて悩みがよく発生する。

気持ちはよく理解できるが、ブログ記事は、少しのコツやポイントを知っておくだけでも飛躍的に書きやすくなる。

書き手としてもスラスラと文章を書けるようになるし、読む側から見ても読みやすくなる。

ということで、この記事では、ブログ記事をスラスラ書けるようになるためのコツをお伝えしていく。

この記事では、ただブログをスラスラ書けるようになるだけでなく、

  • 文章の訴求力がアップする
  • 記事からの反応(数字)が伸びる
  • 書くこと自体楽しくなる

こんなところを目指している。

ブログは記事内の文章や構成をほんのちょっと修正するだけでも反応(収益やPV数など)はガラリと変わってくるのでぜひ参考にしてくれ。

また、後段の方では 「ブログ記事の書き方テンプレート」なるものを用意してみた。

ちあき坊やさん
「テンプレート」だなんて言葉は本意ではないぞよ

記事を書くのに慣れていないうちは、こちらも活用してみてほしい。

1.ブログの書き方の基本やコツ

まずは、ブログ記事を書くにあたって抑えておくべき基本となるポイントを挙げてみる。

知っておくだけでグッとブログが書きやすくなるコツなどを含めて伝えていくので、自分なりのヒントを見つけてくれ。

ブログそのものの目的を定める

ブログ記事を書くあたっては、まずは

「このブログ(メディア)で成し遂げたいことは何なのか?」

を定める必要がある。

「定める」というよりは、当然のように知っておいた上で何かを語ろうとする、というようなイメージだろうか。

例えば、「ブログ記事の書き方を教えます!」というテーマで記事を書くとしよう。

ちあき坊やさん
この記事がそうね

その場合、ただ単純に、「ブログ記事の書き方を教えてハイ、終わり」で終わっても意味がない。

ブログ記事の書き方を教えて、その先で読者にどうなってほしいのか?

この記事やこのブログを通して、何を成し遂げたいのか?

そんなことをごく当たり前の前提として、1つ1つの記事を書く必要がある。

 

例えば、僕がこの記事を書くにあたって、

「検索エンジンからのアクセス流入を狙って、たくさんアクセスを集めたいなあ」

みたいなことしか考えていなかったとする。

そうすると、そこから生み出された文章にはメッセージ性が伴わなくなる。

ただ狙えそうなキーワードで記事を書くだけが目的になってしまうと、「そのブログで何をしたいのか?」がブレてしまう。

そういう意識で書いた記事は、その意識は必ず、読み手にも伝わる。

芸能ネタやニュースだけをひたすら扱うトレンドブログや、あるいはオモシロ要素だけを狙ったエンタメ系の記事やYouTuberのことを、多くの人があまり応援できない理由はここにある。

その活動に「何としてもこれを広めたい!」という思いがない文章を読んでも、あまり人の心は動かない。

いや、動くことももちろんある。

でも、せっかく自分がブログを書くのであれば、誰かに何かを伝えたいだろう?

その為には、

自分のブログ全体を通して何を伝えたいのか?

それを伝えることによってどんなことを成し遂げたいのか?

そんなところをハッキリと明確にして、それを日々の記事で体現していく必要がある。

「誰に」「何を伝えるのか」を明確にする

ブログ記事に限らずだが、文章は「誰に」「何を伝えるのか」を明確にすると、グッと記事が書きやすくなる。

誰に書くのか?

「誰に」というのは、俗に言うターゲットのことだ。

自分がそのブログ記事で狙っているキーワードから、ターゲットのことを思い浮かべてみよう。

これを想定する際にわかりやすいのが、「顕在的ニーズ」と「潜在的ニーズ」をあらかじめ定めておくことだ。

そうすれば、記事全体で「何を伝えるべきか?」がわかりやすくなる。

例えば「ブログ 書き方」というキーワードを狙うとするなら、それぞれのニーズはこんな感じで想定される。

顕在的ニーズ

  • ブログを書けるコツを知りたい
  • アクセスアップのためには、どんな書き方をすればいいのか知りたい
  • スラスラと書けるテンプレートみたいなものが欲しい

潜在的ニーズ

  • アクセスアップして、ブログを収益化させたい
  • ブログで稼いで、経済的にも時間的にも自由になりたい
  • 人気ブロガーになってチヤホヤされたい

 

何を伝えるのか?

「何を伝えるのか?」は、ブログ記事を書く前にあらかじめ定めておいた方が、記事に一貫性が生まれてかなり書きやすくなる。

ここを決めないで記事を書いてみるのもまた自然なコミュニケーションの在り方だが、慣れないうちは、記事としてまとまらないことも多い。

伝わりやすい文章を書くためにも、ここを決めてから記事を書き始めてくれ。

例えば、「コピーライティングとは?」の記事などで言えば、僕が伝えたいメッセージは

ちあき坊やさん
コピーライティングはあくまでコミュニケーションの上にある。知識やテクニックは「相手ありき」でなければ意味がない

みたいなところであった。

いや、直接の言葉としてこういうことはあんまり言っていないし、それ以外の知識やテクニック話もけっこう盛り込んだ。

だが、根底にこのメッセージを持っていると、どの枝葉のテクニックを語るにあたっても、全てが繋がってくる。

逆に、構成だけを決めても、全然文章をスラスラ書けないこともよくある。

そういう場合は大抵、「伝えたいこと」が自分の中で定まっていないことが多い。

そう考えると、記事全体の構成をきちんと考えることも大切だが、「伝えたいこと」を定めさえすれば、後は言葉を尽くして一生懸命、伝えようと工夫して記事を書くのが自然だと僕は思う。

例えば僕もそうだが、好き勝手に文章を書くタイプが好きな人も多い。

そういう人は、事前に文章の構成とかをガッチリと決めるよりも、「これを伝えたい!」というものを定めた上で、後は書きながら、伝えたいことを伝えていくように書いた方が、メッセージが文章に映りやすいと思う。

そういう伝え方こそ、本当の意味でのコミュニケーションだと思う。

まあ、アプローチはこの際何でもいいと思う。

「結局のところ、この記事では何を伝えたいのか?」

さえ明確にしていれば、多少くらい脱線しても、結局のところ伝えたいメッセージが相手にも伝わりやすくなる。

そう思って記事を書いてみるといい。

ブログ記事を書いて検索エンジンからのアクセスを集めていく以上は、「どのキーワードを狙っていくのか?」を決めてから記事を書き始める。

記事の「出口」を定める

「誰に」「何を伝えるのか?」とは別に、ブログ記事では「出口」を定めておく必要がある。

「出口」とはつまり、 ユーザーに対してどういうアクションを起こしてほしいのか?だ。

これがないと、記事を読んでもらうだけ読んでもらって、その後の関係性を構築しにくい。

出口は、その話の「オチ」や「結論」とはまた別物だ。

例えば「炭水化物ダイエットはするな、米を食え」みたいな記事を書くとしよう。

そうすると、「結論(オチ)」と「出口」の関係性はこうなる。

・結論
日本人はお米を食べろ。大丈夫、太らないから。

・出口
お米の広告リンク、農家からの定期配送サービスなど

こんな感じで、出口はだいたい、相手に対する「オファー」をするのが自然だ。

  • 他の記事も併せて読んでほしい
  • この商品を買ってほしい
  • メルマガに登録してほしい

オファーっていうのは、およそこんな感じ。

こちらの意図を踏まえた上で、相手に起こしてもらいたいアクションを促すようにするのがオファーだ。

だが何も、ムリして広告を貼ったり、「こっちの記事も読んでみてくださいね!」と言葉で伝える必要はない。

オファーは、体現することもできる。

言葉ではなく、記事の内容そのもので相手に喜んでもらって、

ユーザー
このブログの記事、ためになった〜!他の記事も読んでみたい!

って思ってもらう。

こうやって、 ブログや記事の存在そのものがオファーになっている状態こそ、アクセスアップやその先の収益化に繋がっている思う。

いずれにせよ、結論とは別に、記事の「出口」を意識してみてくれ。

はじめての人との最初の接点だと思って書く

ブログ記事は、全てのコンテンツが訪問者との初めての「接点」になる。

ブログで検索エンジンからキーワードを狙っていく以上、自分のことを知らない人がたくさん訪れてくる。

そこから信頼関係を築いていくキッカケを作っていくのがブログだからこそ、そのつもりで記事を書くことが重要だ。

このイメージがあるだけで、言葉1つ1つの配慮や言い回しがガラリと変わってくる。

 

これのイメージとしてしっくりくるのが「セミナー」のシチュエーションだ。

自分が、不特定多数の人が集まるセミナーを主催すると思ってブログ記事を書くイメージを持つといい。

例えば「コピーライティングとは何なのか」というテーマで記事を書くとしよう。

その場合は、自分がコピーライティングセミナーを開催するつもりで、その会場に集まってきてくれた人達に向かって伝えるようなイメージで記事を書く。

このイメージを持っておくと、案外、

マーケター
あなたは〜に悩んでいませんか?

みたいな言い回しはあんまりしなくなると思うのだが、どうだろう?

優れたセミナー講師やコンサルタントは、複数の人に向けて、全員の共通のテーマとなるものを抽象化して、そこへ訴求するように話を展開していくことができる。

集まった人全員の奥底に存在する集合意識に向けてメッセージを伝えるようなイメージだ。

ブログ記事も、特性としてはそんなイメージで文章を書くのが理想だと思う。

ブログ記事におけるライティング術では、よく、

マーケター
ターゲットの家族構成、職業、趣味までもイメージして、その一人に向かって書くようにしましょう!

だなんてことが言われるが、あれはウソだ。

いや、ウソは言いすぎた。

確かにある意味でその通りなのだが、解釈を間違えない方がいい。

これは何も二人称を必要以上に「あなた」に変えたり、こっちから一方的に相手の職業や住まいを決めつければ訴求力が高まるというわけではない。

大切なのは「あなた」という言葉を使うことそのものではなく、

「読者一人に向けて語りかけているようなイメージを相手に持ってもらうこと」

なのだ。

例えば、

狙うキーワードによって一概には言えないが、訪問してくるユーザーは十人十色だ。

知識レベルもバラバラだし、その情報を知りたい意識が高くない人だっている。

あるいは、日々の生活でめっちゃストレスが溜まってる人もいるし、気分がブルーな人だって訪れる。

そんなあらゆる人達に訴求するように、あらゆる角度の訪問者がいることを想定して文章を書くことを意識しておいてくれ。

その際のポイントは、「俯瞰視点」だ。

「これを言ったら多くの人はどう考えるだろうか?」

こんな、人間としての普遍的な共通感覚みたいなものを養う必要がある。

だからこそ、ライティングスキルを高めるためには多くの人とコミュニケーションを取らなければならない。

大丈夫、できるできる。

読む動機を与える

詳しくは終盤の「ブログ記事の書き方(実践編)」でお伝えしていくが、基本、自分の書いたブログ記事は 「誰も読んでくれないだろう」というつもりで書かなければならない。

これはもちろんプラスの意味で捉えてほしい。

どうせ、誰も読んでくれないからこそ、こちらから全力を尽くして「どうすれば読んでくれるだろううか?」を考えていかなくてはならない。

 

こちらの話に耳を傾けてくれるためには、当然だが「読む動機」をこちらから示す必要がある。

最もわかりやすいのが、冒頭の時点で 「ベネフィット」を示すことだ。

「この記事を読むことによって、あなたはこう成長できますよ。」

「この記事を読むことによって、こうやって悩みを解決することができます。」

言葉で直接語らなくてもいいが、こういう要素を冒頭で示すことで、相手から読む動機や読む理由を引き出す。

冒頭だけでなく、記事全体としてこういうイメージを持っておいてくれ。

ちなみに検索エンジンからアクセスを集めることを目的としたブログ記事の場合は、キーワードから「検索ユーザーが求めている情報」をある程度把握することができるのが特徴だ。

そのニーズを捉えた上で、記事の冒頭でベネフィットを示してくれ。

 

けっこう、書き慣れないうちは、「このくらい書いてたらたぶん、伝わるだろう」くらいの意識で記事を書いてしまうことが多い。

だがこれは、言うならば

「私はあなたに興味がありません。あなたは私が言っていることの数%でも理解してくれればいいんです。あなたはあなた。私は私。」

のような考え方だとも捉えることができる。

もちろん、これは非常に極端な思考だ。

だが、この現代、人類のほとんどがそんな姿勢なもんだから、僕達は他人と本質的に深いところで分かり合うことが難しいのだと思う。

核家族化して、それぞれがバラバラになって、個人の権利や自由ばっかりを主張することが正義とさえなっている。

隣人が困っていても私には関係ない。

これは極論、争いを生み出す考え方だ。

でもそれだと、他人との距離感は縮まらない。

その深い溝をいかに埋めることができるのか?

これを考えるのが文章なんだと思う。

すまない、何の話だっけ。

そうそう。

ブログでアクセスアップを目指すということは、他人との距離を縮める素晴らしい機会なのだ。

ぜひ、相手のためにも、ベネフィットをもって読む動機を引き出してくれ。

パッと見の印象をよくする

前述した「読む動機を引き出す」にも共通する話だが、ブログ記事はパッと見の「印象」が良くないとすぐに離脱したくなる。

この「印象」を可能な限り良いものにするための細かい話を以下からしていこう。

ちなみに、「印象」に関しては、リアルな対人関係のことをイメージするのが一番わかりやすいと思う。

特に、合コンとか新しい職場とか、そんな感じで「新しい人と出会う時」の印象のことを思い浮かべながら聞いてくれ。

ブログ全体のデザインを整える

初めてそのブログに訪れたユーザーからすれば、やっぱりブログが全体的にキレイだった方が好印象を持ちやすい。

なんか、ブログの背景色が地獄から来た鬼みたいに禍々しいヤツだったり、血の色をした怪しすぎるブログデザインだったりしたら、普通に考えてページはすぐに閉じられるだろう。

もちろん、そのブログでの見せ方や演出にもよるが、基本的には清楚でシンプルや印象を受けるものがいい。

この辺は、リアルなシーンにおける身なりや服装をイメージすればいい。

パッと見の印象が良いのは、ド派手な服装ではなく、シンプルで清潔感のあるものだろう。

このデザインの辺りは、まともなワードプレスのテーマ(テンプレート)を使用すればクリアできる話ではあると思う。

僕の場合は、超ポピュラーな「ストーク」というテーマを使っているが、無料でも有料でも、キレイなテーマであれば何でもいいと思う。

まあ、ブログのデザインにこだわりすぎる必要はない。

あくまでそのメディアの印象はデザインではなく「言葉」によって決まる、と僕は考えている。

デザインは、その言葉の魅力を目一杯引き出してくれる、シンプルなものがいいと思う。

文字装飾や改行や句読点を整える

また、文字の装飾や改行など、句読点などの使い方も、ブログの印象を左右する。

改行や句読点もなく、文字がギュウギュウだったりすると、ユーザーはたちまち「読みづらい!」という印象を抱く。

ブログに訪れた瞬間にこんなんだったら、イヤだろう?

ちあき坊やさん
ただでさえヘンなアバターの赤ちゃんやで

そうなると、単純に離脱率も高くなって、いくらいいこと書いてたって、記事の内容が読まれない。

あとは、太字や色の装飾、あるいは文章の途中途中で画像を差し込む配慮もどんどんしていこう。

基本、見た目的にキレイで読みやすいコンテンツは、読む側としても好印象だ。

グーグルもそんなサイトを評価しているし、積極的に利用していこう。

改行に関しては賛否両論あるが、今は「スマホでの読みやすさ」を意識して、「。」で区切るようにした方がいいかな?と思う。

これでも結構読みやすいと思うのだが、スマホで読むと、中途半端なところで改行されてしまう。

メルマガの文章ならこうやって「。」と「、」で改行した方がスムーズに読めると思うが、ブログであれば、ある程度横長でもそれほど読みづらさは感じられない。(と思う。)

なので、ブログにおいては、「スマホの読みやすさ」と「パソコン上でも、改行しないでも結構読める」ことを考慮して、「。」で区切って改行して書くのがベターかな?と思う。

この辺はもちろん、「答え」があるものではない。

あくまで「ユーザーの快適さ」を考慮した上で、これら装飾や改行などの読みやすさを追求してほしい。

分かりやすい日本語を使う

ブログにパッと訪問した瞬間、

ユーザー
読みづら!日本語的にヤバいなこのブログ!

という印象を抱かれてしまうと、それも離脱していく大きな要因となる。

ちょっと本文の日本語を意図的にグチャグチャいじってみたのだが、これ、相当何を言っているのかわからないだろう?

日本語として破綻していたり、あまりにも文法が崩れている記事は、かなり印象が悪くなる。

逆に、デザインがそれほどキレイでなくとも、文章がわかりやすく、誠実で、スラスラと読みやすいものであれば、なんだかんだ言って多くのユーザーは好印象を抱く。

これはリアルな生活でも一緒だ。

ムチャクチャ可愛くて、もの凄くタイプの女の子がいたとしても、実際に喋ってみたら全然会話が弾まなかった、だなんてことがあるだろう。

あるいは、見た目はメチャクチャカッコいいのに、喋ったら残念な印象になってしまう男も結構いるだろう。

そうなのだ。

やはり「言葉」こそがその人の第一印象を決めるものなのだ。

日本語の文法は、多少なりとも気をつけていればいくらでも整えることができる。

僕のメルマガでは、そんな「伝わりやすい文章の書き方」について解説した電子書籍をプレゼントしているので、興味があればぜひダウンロードしておいてくれ。

【電子書籍プレゼント中】メルマガ講座

ここに書いてある内容を一通り習得するだけでも、ガラリと記事全体の印象が変わるはずだ。

説得力のある文章を書く

ブログを書く目的は人それぞれだが、どのブログにも共通しているのは、おそらく「自分のブログのことを信頼してもらうこと」だ。

相手との信頼関係を築いていく活動を「ブランディング」と呼ぶが、信頼してもらうためには、自分の主張するメッセージに共感や尊敬といった感情を抱いてもらいたい。

と、なると、誰の心にも届かないようなペラペラな主張ばかりを繰り広げていても意味は少ない。

やはり何かを伝えるには、どうしても説得力が必要になってくる。

ちあき坊やさん
何も相手を説得させることを目的にしないでいいよ

自らの言葉に説得力を宿すためにシンプルかつ効果的なのが、必ず 「主張に対して理由を添えること」だ。

これを意識して書くだけで、ブログ全体の説得力やパワーがアップする。

例えば僕は、この記事のなかで、こんな主張に対してこんな理由を添えていた。

主張
初めてそのブログに訪れたユーザーからすれば、やっぱりブログが全体的にキレイだった方が好印象を持ちやすい。
理由なんか、ブログの背景色が地獄から来た鬼みたいに禍々しいヤツだったり、血の色をした怪しすぎるブログデザインだったりしたら、普通に考えてページはすぐに閉じられるだろう。

ここで添えている理由自体は案外、言っていること自体は実は大した事は言っていない。

だが、「ブログはキレイな方が好印象である」という主張をした次の段階で、すぐにその理由や根拠となるものを伝えるようにしている。

こういう話運びをすると、文章に説得力が帯びてくる。

この例はほんのちょっとした説得力だが、例えばこれが、

主張
初めてそのブログに訪れたユーザーからすれば、やっぱりブログのデザインが全体的にキレイだった方が好印象を持ちやすい。
理由
そう。絶対にブログのデザインはキレイじゃないとダメなのだ。

というように、さして理由もつけず、主張の後に更に主張を重ねるとどうなるだろうか。

おそらく、大半の人は「いやいや、『なんでキレイだった方が好印象を抱きやすいのか』の理由を説明しておくれよ!」

と(潜在的にでも)感じるはずなのだ。

なので、その内容の説得力自体はひとまず置いておいて、まずは

主張→その主張の根拠や理由となるもの

をセットで考えるようにしてみると、それだけで文章が全体的に読みやすくなる。

ちなみに言うまでもなく、ブログ記事で展開していく主張は、 より深く特定の人に訴求する内容を伝えるべきだ。

例えば、

愛は地球を救うのです

とかだけを単品で言われても、その言葉に内包するストーリーがなければ、あまり人の心に深く訴求しない。

当たり障りのない、ペラっとした言葉だけでは伝わににくい。

そもそもこれだと「なぜ愛が地球を救うのか?」をロジックで説明して相手に納得させること自体が大変だ。

可能な限り、主張は相手を「なるほどー!」と思わせられるもの、その理由をきちんと説明できることをしていこう。

何か伝えたいのであれば、それに伴う理由がなければ、相手には伝わらない。

そう思っておいてくれ。

他にも文章の説得力をアップさせる方法はいくつかあるのだが、ひとまずこれを覚えておくといいと思う。

記事内容によって満足感を与える

ブログを書く目的は、人それぞれ言葉は違えど 「相手から信頼してもらうこと」が1つ目指している地点だ。

読み手から信頼してもらうためには、記事によって、相手に何らかの形で「価値」を提供しなければいけない。

ブログを読んで、「この記事、ためになるな〜」と思ってもらうことで初めて、こちら側に対する信頼ポイントが貯まる。

ただ、いくらこちら側が「この情報には価値があるんだから!」と必死になって伝えたとしても、読み手側がその価値を認識しなければ意味がない。

「いや〜、ためになる話を聞いた〜!」というような「満足感」を相手が抱かないことには、価値提供は成立しないのだ。

どうすればそんな満足感を与える価値を提供できるのか?を説明すると10時間くらいかかるのだが、カンタンに言うと、

「相手の知りたい情報を提供していく上で、読み手に新しい学びや価値観をもたらす」

ことだ。

これができて初めて、読み手はその情報に対して価値を感じてくれて、こちらの発信に満足感を抱いてくれる。

言ってしまえば、ブログ記事を書くことで果たしたい目的はここにある。

訪問してくれたユーザーに、自分のブログのことを信頼してもらう。

そのためには、こちらから価値を提供して、相手に満足感を抱いてもらう必要があるのだ。

2.ブログ記事の書き方(実践編)

ここまではブログ記事を書くにあたってのマインドセット的な話をしてきた。

ここからはもっとイメージしやすいように、「実践編」として、より具体的なブログの書き方について解説していこう。

「ブログ記事の書き方テンプレート」みたいな解釈でもいい。

個人的には「テンプレート通りに当てはめる」のはあまり好きではないが、慣れないうちは、1つのフレームとして便利だと思うので、ぜひ参考にしてくれ。

記事全体の構成

まずは最初に記事全体の構成を説明しておこう。

だいたい、ブログ記事の基本はこのような形だ。

  1. 記事タイトル
  2. 冒頭
  3. 記事本文
  4. 終わり(まとめ)

 

正直、どの記事もこうやって構成していっていいと思う。

もちろん、構成なんて気にせず好き勝手に書く記事があっても楽しい。

だが、今回はブログをまだ書き慣れていない人が、より効果的に、より短時間で記事が書けるようになるひな型を紹介していくことにする。

以下より、1つずつ解説していこう。

記事タイトル

ブログ記事は、当然ながら「記事タイトル(キーワード)」から構成を考えていく。

記事タイトルによって記事全体の方向性が決まると言ってもいい。

キーワードに関する話はかなり長くなるのでまた別の機会にするが、ひとまずは狙うキーワードを2〜3つ入れるようにしよう。

そのキーワードによって、その記事のテーマが決まる。

ちあき坊やさん
ちなみにメルマガ講座の方ではキーワードに関する動画講義もプレゼントしてるよ!

基本的に、検索エンジンからの集客を目的とする場合、記事タイトルにつけるキーワードによってアクセスが入り込んでくる。

例えば、「ブログ 書き方」という2つのキーワードを記事タイトルに入れると、「ブログ 書き方」という2つのキーワードを検索窓に打ち込んできたユーザーのアクセスが見込める。

このようなキーワードで検索しているユーザーというのは、「ブログの書き方やコツを知りたい」というような、「知りたいこと」「得たい情報」=検索意図がある。

そのニーズを満たすような構成にしていくのがブログ記事の構成の基本だ。

 

「そのキーワードで自分のブログへ訪問するユーザーがどんなことを知りたいだろうか?

ここをスタート地点に、話を展開していく。

あとはそのニーズを満たしながら、新しい価値観や気づきをもたらすような話をしていく。

ブログ記事を書くにあたっての鉄則はこんな感じだ。

まずは、キーワードを2つ盛り込んで、出来るだけ「どんなことを話している記事なのか?」がわかりやすいような記事タイトルにしよう。

冒頭(書き出し)

キーワードが決まっていれば、まずは冒頭部分を書いていく。

冒頭は特に大切で、ブログはどれも、「読む理由」がないと続きを読んでくれない。

冒頭で「続きを読みたい!」と思わせることができなければ、せっかくブログに訪問してくれたユーザーはすぐに離脱していってしまう。

だからこそ、冒頭部分は、そのブログ記事全体の価値を決定づけると言ってもいいくらい特に重要なのだ。

冒頭では「相手が知りたいこと」から興味を惹きつける

それを踏まえた上でどういう構成で冒頭を書いていけばいいのか?というと、基本的には「相手が知りたいこと」を中心に話を構成していく。

極論、ここさえ念頭にあるのであれば、あとは好き勝手に話していけばいいと思う。

ここは頭でアレコレと考えなくてもいい部分だが、「相手はどんな話を聞きたいだろうか?」をきちんと捉えた上で話を展開していくのが、自然なコミュニケーションだろう。

検索エンジンからのアクセスを狙うブログ記事の場合は、前提として「相手が知りたいこと」をある程度こちらで把握できる。

「ブログ 書き方」というキーワードを入力して検索エンジンを使っている人なら、普通に考えて

  • ブログの書き方を知りたい
  • ブログ記事をスイスイ書けるようなテンプレート的なものを知りたい

とか、こんなことを知りたいことが見えてくる。

それを踏まえた上で、訪問者の興味や関心を惹きつけられる冒頭(書き出し)を考えていくのだ。

どうすれば相手の興味や関心を引き出せるか?というと、シンプルなのが

「この記事ではこんな話をしていますよ」

「この記事を読めばあなたはこんな風になれますよ」

という要素を伝えるようにしていくことだ。

それを伝えて、読者がこのブログ記事を読む理由を示す。

こうすることによって初めて、見ず知らずの読者と初めて接点を持つことができるのだ。

基本、検索エンジンユーザーは、みんな忙しい。

ちあき坊やさん
ヒマな奴らもたくさんいるだろうけど

自分にとってメリットもなさそうなブログにわざわざ時間を費やす理由がない。

そんなユーザーとブログ記事とを繋げるためにも、冒頭で「読む理由」を伝えることが重要なのだ。

 

でもアレだ。

冒頭は全体的に、何も、言葉でダイレクトにメリットやベネフィットを書けばいいわけではない。

マーケター
この記事を読めば、あなたはブログの書き方をマスターして、月間100万PVを達成できるでしょう!

とか、こんなことを目の前の相手に言われたらなんか不自然だろう?

基本、ライティングは「リアルな場でこんな言い回しするだろうか?」から考えてみると、そこに適切な答えがある。

そんなことも理解した上で、出来るだけ記事本文に興味を惹きつけられる書き出しを書いていってくれ。

冒頭の書き方テンプレート

ちなみに、どうしても冒頭の書き出しがなかなか書けない!という場合のよくあるテンプレートを紹介しておこう。

冒頭の書き方テンプレート
・1 【問題提起】あなたはこのように悩んでいませんか?
・2 【共感】わかります、それって大変ですよね。
・3 【解決策】ここでは、それを解決するこんな話をしています。
・4 【ベネフィット 】これを知ればこんな未来が待っていますよ
 

慣れないうちはこの通りに書いてもいいけど、大切なのはあくまで「この要素を含む」ことだ。

ハッキリ言って、こういうテンプレートは知っておくだけでいい。

むしろ「相手のことを考えて書いていたら自然とこうなった」くらいが望ましい。

テンプレートや型ばかりに気を引っ張られていたら、肝心な「相手のことを考えること」が見えなくなってしまうので気をつけてくれ。

本論

冒頭で興味を惹きつけたうえで、記事の主題・本文へと入っていく。

本題で何を書いていけばいいのか?というと、当たり前だが記事全体のテーマとなる話が本文になる。

「どういうことを書けばいいのか?」はこの記事の前段の「ブログの書き方の基本」で示してきたことを意識してほしい。

いずれにせよ、ブログは検索エンジンからのアクセスを呼び込む以上、まずは「相手の知りたいこと」を満たす必要がある。

その上で、プラスαで可能な限り読者に成長してもらえるような、そんな構成が本題では求められる。

 

また、本題を構成していく際には、「見出し」を使うとわかりやすくなる。

相手にとって読みやすくなるし、書き手側からしても脳内の整理になるので見出しを有効に活用してくれ。

ブログを書くのに慣れていないうちは、記事を書き始める前から、大きな枠組みとして大見出し(見出し2)を3つくらい決めてから書くのがベターかもしれない。

こんな感じで。

本題をスタートするときも、見出しをつけるだけでそのまま「あ、ここからが本題ね」と相手に認識してもらうことができる。

大抵のブログテーマ(テンプレート)の場合、「見出し2」から本題に入るのがいいと思う。

それ以下の階層を見出し3、見出し4で構成していく。

どんな見出しを作ればいいのか?を決める際は、

・多くのユーザーが知りたいであろう情報

・こちらが伝えたい情報

大きくは、この2つを軸にして考えてみるといい。

 

この記事そのもので言えば、

・ブログ記事の書き方の基本やコツ

・ブログ記事の書き方【実践編】

という構成で作ってみた。

「ブログ 書き方」で検索してきた人にとって、ヒントになる情報やノウハウを網羅的に書く構成が前段で、後半はどちらかというと「こんな感じでブログ記事を構成してね」というテクニック話にしてみた。

これが正解とかでは全くないし、むしろいくらでももっとわかりやすい構成ができると思うが、1つの参考にしてみてくれ。

 

何度も何度もお伝えするが、大切なのは 「相手に新しい価値観をもたらすこと」だ。

それができて初めて、読み手に何らかの価値を与えることができると思っておいてくれ。

結論

本題のあとは、記事の全体をまとめる流れになる。

ここはもう、シンプルに記事内容の要点をまとめて伝える形がベターだと思う。

記事の最後で全体の内容をまとめることで、「この記事ではこんなことが学べたなあ」ということを認識させることで、満足感を抱いてもらうキッカケを作りやすくなる。

 

これが例えば、記事のまとめ部分を作らずに構成してしまったら、唐突に話が終わってしまって肩透かしを食らう印象になってしまう。

例えば以前、お客さんの記事を添削していて、その記事のテーマとタイトルが「私がブログを始めた理由」みたいなものがあった。

まあこの記事を書くこと自体はいいのだが、その記事の終わりが、

「・・・以上が、私がブログを始めた理由です。」

みたいな感じで終わってしまっていた。

この終わり方だと、その記事がただ単に情報として「ブログを始めた理由」を伝えるだけの内容になってしまう。

これだと、読み手からすると

読み手
えー、終わり?だから何なんだよ!

ってなってしまう。

これだと単純に歯切れが悪いし、その記事を読んだ後に、 「その記事を読んだ印象」が残らない。

ブログ記事は総じて、「その後に何らかのアクションを起こしてもらうこと」が1つの目的にある。

商品の販促、リンクへの誘導、次のページを読んでもらう、などなど・・・

そういったアクションを起こしてもらうためには、読み手に対して 「自分はその記事を読むことによってこんなことを得られた!」ということを”認識”してもらわなくてはいけない。

記事最後のまとめ部分は、それを読み手に認識してもらうために存在する。

「その記事を読んだ満足感」を相手に抱いてもらって始めて、その次に起こして欲しいアクションをオファーすることができるのだ。

ちあき坊やさん
オファーに関しては前段の「ブログの書き方の基本」のパートで解説しているぞ

話がスラーッと終わってしまわないように、最後に記事内容をまとめて、読み手に記事の魅力を再認識してもらうようにしよう。

ブログの書き方まとめ

ということで、今回はブログ記事の書き方を「基本編」と「実践編」に大きく分けて解説してきた。

伝えたいことがたくさんあったので項目が盛りだくさんになってしまったが、まずブログを書くにあたって抑えてほしいことはこんな要素だ。

  1. ブログそのものの目的を定める
  2. 「誰に」「何を伝えるのか」を明確にする
  3. 記事の「出口」を定める
  4. はじめての人との最初の接点だと思って書く
  5. 読む動機を与える
  6. パッと見の印象をよくする(デザイン、改行、文字装飾など)
  7. 説得力のある文章を書く(主張に理由を添える)
  8. 記事内容によって満足感を与える

いくらでも大切なことはあるのだが、中でも特に大切だと思ったものをいくつか挙げてきた。

そして、実際にブログ記事を書く際の構成としては、

  1. 冒頭
  2. 本題
  3. 結論

の3つのパートに大きく分けて考えると書きやすくなる。

記事タイトル(キーワード)によって記事の構成は変わってくる。

あくまで「ユーザーが求めているもの」を満たすような構成にしていくのが適していると言える。

ぜひ今回の内容を参考に、多くの人の役に立つブログ記事を書いてみてほしい。

一緒に勉強していこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サイト運営、アフィリエイト活動のアドバイスなどをメインに生活している30代。趣味はアウトドアやスポ-ツだが、ムラっ気がある。グッズだけ買って満足するタイプ。ヌルヌルした生き物 NG。苦しくなったらすぐに音を上げたくなる。北海道 - 大阪- 九州にて活動する意味不明の多拠点生活中。