サイバ-ダッグでエックスサ-バ-に接続する方法【Mac編】

ちあき坊やさん
こんにちは、Mac大好き芸人のちあき坊やです。

今回は、Macユーザーの場合にきっとメインでお世話になるであろうFTPクライアントソフト 「Cyberduck(サイバーダッグ)」を使ってエックスサーバーに接続する方法をまとめておこう。

この作業は案外、毎回やるたんびに忘れてしまうので、自分の備忘録的に意味でも記事にしておいたというわけだ。

ちなみにサイバーダッグっていうのはこれね!

「Cyberduck(サイバーダッグ)」公式サイト

契約したサーバーに動画や音声やPDFファイルをアップするためには、FTPクライアントソフトを使用する必要がある。

Macでよく推奨されるFTPクライアントソフトこそがCyberduckで、僕もこれを利用している。

後半では、エックスサーバーにサイバーダックで接続して、ファイルをアップロードする方法もできるだけ分かりやすく解説しているので、そちらも参考にしておくれ。

「FTPクライアントソフト」などと聞くとゲンナリする気持ちはわかる。

が、大丈夫、そこまで覚えることは少ないし、一旦覚えてしまえばそんなに難しくはない。

というか、僕自身もよく理解していないままかれこれ3年ほどアフィリエイト会社を経営してきたが、その程度の知識でもまあ十分通用する。

ぜひ挫けずにしぶとく取り組んてもらいたい。

前置き的な話が長くなったが、今回は目次も用意している。

FTPクライアントソフトとサーバーの関連性

「FTPクライアントソフト」と「サーバー」の関係性を説明すると非常に長くなるのだが、というか僕もよくわかっていないのだが、要約すると

サーバー内のデータを管理したり、サーバーにファイルをアップロードする場合にFTPクライアントソフトが必要になる

くらいに考えておいてくれ。

その辺は「FTPソフト 何」などと検索エンジンに打ち込めば、分かりやすいサイトがいっぱい出てくるので、そっちを色々と調べておいてくれ。

例えばこのサイトとかもわかりやすかったのでそのまま載せておこう。

https://bibabosi-rizumu.com/ftp-nandaro/

 

こういうことだ。

FTPクライアントソフトの使い道はそう多くない

ぶっちゃけ、僕みたいなコンテンツビジネスをしている場合であれば、FTPクライアントソフトについて、あまりにも詳しく操作方法などを覚える必要はない。

音声・動画・PDFなどのファイルをサーバーにアップロードしたい時に使用するくらいのもので、他の用途といえば、新しいブログにサーチコンソールを登録するときだろうか。

少なくとも僕がやっているような、個人規模のメディアを運営するくらいであれば、FTPクライアントソフトは使用頻度はそう高くはない。

よく使うファイルのアップロードの方法などもこの記事の後半で解説しているので、ひとまずはそのくらいできれば問題ないはずだ。

ちなみに冒頭にも述べたが、僕はMacユーザーで、主に使っているサーバーは「Xserver(エックスサーバー)」だ。

ちあき坊やさん
その前提でこの記事を書いたんだけど

まずはCyberduck(サイバーダック)をダウンロードせよ!

さて、それでは早速、「Cyberduck(サイバーダック)」を使うためにこれをダウンロードしていこう。

既にご存知だろうが、このアヒルさんのマークがサイバーダックさんだ。

クラゲさん
可愛くはないよね

ダウンロードは公式サイトにて行える。

サイバーダッグの公式サイト

(このリンクはmacバージョンね)

そもそもなぜサイバーダッグが推奨なのか

ちなみに、Windowsなどでよく使用する他のFTPクライアントソフトでは、「FFFTP」や「FileZilla」などがある。

僕は上記2つはあまり知らないが、これらよりは見た目上も分かりやすく、使いやすい気がする。

何が使いやすいかって、FTPソフトのくせに画面が2つに分かれてないのがサイバーダックだ。

よそのFTPクライアントソフトさんを使ったことがある人ならわかるだろう。

そう。

普通、FTPクライアントソフトって、画面がよくわかんないけど2つなのだ。


https://techacademy.jp/magazine/1190)

これが僕にとってはマジで難しい。

「FTPクライアントソフト」だなんて名前を聞く時点でただでさえ意味不明なのに、画面が2つあるって。

どういうこと?

繰り返す。

僕は、FTPクライアントソフトの意味が未だにサッパリ理解できていない。

なんで画面が2つもあるの?どういうこと?

そんな僕でも「これって結局、今何をやってるのか?」をかろうじて理解できているのが唯一サイバーダックさんなのだ。

サイバーダックさんは、見た目がスッキリしていて割と使いやすい。

もちろん、慣れればどのFTPソフトも五十歩百歩だろう。

サイバーダック自体はWindowsでも使用できるが、Macならサイバーダック一択でいいと個人的には思う。

FTPソフトを決めるんだったらもう、「画面の数」で決めるべきだ。

ちあき坊やさん
FTPクライアントソフトは画面の数で選ぶべし

Cyberduck(サイバーダック)の設定方法

少し取り乱してしまった。

さて、「Cyberduck(サイバーダック)」をダウンロード後、早速アクセスしてみよう。

まずは新規接続をクリック。

すると、こんな画面がペロンと出てくる。

ヤバい、意味わからない。

うん。その気持ち、よくわかります。

でも大丈夫。

ここからの手順通りに丁寧に操作すれば必ずログインできるので、落ち着いて入力していこう。

で、ここで色々と必要情報を入力するのだが、今回は「Xserver(エックスサーバー)」の前提で話を進めていく。

エックスサーバーじゃないサーバーでFTPソフトを使用する場合も、概ねのやり方は近しいものがあるはずなので、そちらを参考にしてほしい。

さて、サイバーダッグを使ってエックスサーバーの中へログインするために入力すべき必要情報は、エックスサーバーのサーバーパネルの中に記載されている。

なので、サーバーパネルへログインしていこう。

エックスサーバーサーバーパネル

また、サーバーパネルにログインせずとも、エックスサーバーの必要情報は用意可能だ。

その場合は、サーバーを契約した時に届いたメールに記載されている情報を確認する。

これだ。

この情報を、先ほどのサイバーダッグで表示された画面に当てはめて入力していこう。

  • 【1】プロトコル  「FTP-SSL(Explicit AUTH TLS)」を選択
  • 【2】サーバ    「FTPサーバー(ホスト)名」を入力
  • 【3】ポート    「21」であることを確認!
  • 【4】ユーザー名   「ユーザー名(アカウント名)」を入力
  • 【5】パスワード  「サーバーパネル内のパスワード」を入力(まだ変更していない場合はメール内記載のものでOK)

落ち着いて、必要情報を入力すればきっとこれで接続可能だ。

ただ、この時のあるあるパターンとしては、 「なんかよくわかんないけど接続に失敗する」だ。

なんだかんだ、手違いで接続ができない時もよくある。

だが諦めないでほしい。そんなものなのだ。

僕もネット歴は長いし、この作業はもう5〜10回以上はやっているはずだった。

にも関わらず見てくれ。またログインに失敗した。

原因を落ち着いて探っていけばなんてことはないのだが、僕の場合はどうやら、エックスサーバーから届いたメールに記載されているパスワードを変更したことが原因だったようだ。

ここは、「サーバーパネルのパスワード」を入力するのだ。

多分、それで解決するはず。

そして、問題なく接続できると、「ログイン成功」って左下の方に表示されて、こんな画面になる。

やったー!

これで接続完了だ。

サイバーダッグを使ってサーバーの中にファイルを入れる方法

ちなみに、サイバーダックを使ってサーバーに何らかのファイルをアップロードする場合、「public_html」のフォルダの中に色々と突っ込む。

public.html

エックスサーバーは「public_html」が第一階層にあたるので、このフォルダにPDFとかを突っ込めば、そのファイルのURLはこうなる。

https://chiabiz.com/(ファイルの名前)…pdf 

このリンクを、ブラウザ上で開けば、ウェブ上でそのファイルを閲覧できるようになるというわけだ。

この時、「public_html」のフォルダの中にファイルを入れたからといって、

https://chiabiz.com/public_html/〇〇…pdf 

このようなURLにはならないので気をつけるべし。

ちなみに僕の場合は、「public_html」の中に、「voice」とか「movie」とか「shiryou」とか作って、それぞれ分かりやすくカテゴリーを分けている。

新規フォルダの作成方法は、おそらく感覚でわかるだろう。

そうだ。「右クリック」だ。

右クリック→「新規フォルダ作成」にて、ファイル名を入力して完成。

で、今回は試しに、実際にどうやってファイルをアップロードするのか?というのを見てもらいたい。

いやまあ、基本的には「public_html」の中に入れたいフォルダをドラッグ&ドロップするだけだ。

今回は、予め作成していたテキストを入れるフォルダ「text」に、PDFファイル「test」を入れてみた。

こうすると、このファイルのURLは

https://chiabiz.com/text/test.pdf

になる。

ちなみに「test.pdf」というのは、急遽この記事のために用意したテキトーなPDFです。

Macの場合は「テキストエディット」や「Pages」や「メモ帳」など、文字を打てるアプリならすぐにPDFファイルを用意することができる。

で、このリンクをブラウザ上で開くと、そのファイルを閲覧することができるようになります。

やったー!!

わざわざ新規で作成したフォルダ(今回の場合で言えば「textフォルダ」)の中に入れずとも、「public_html」の中にダイレクトにPDFファイルをぶち込むことも可能だ。

その場合は、先ほど作成したフォルダ内の「https://chiabiz.com/text/test.pdf」ではなく、URLは

https://chiabiz.com/test.pdf

になる。

「public_html」は省略されるんだったね。

サイバーダッグ-エックスサーバーのまとめ

と、いうことで、今回はサイバーダッグでエックスサーバーに接続する方法を説明してみました。

本当はもっともっと、FTPクライアントソフトの機能はたくさんあるかもしれないが、僕は他の使い方はサッパリ知らない。

大体、FTPソフトはここだけ多用するのでこれだけ知っておけばいいだろう。(僕だけかもしれないが)

ちなみに、「Dropbox」というクラウドサービスを使えば、ここに格納したファイルは全て簡単にリンク取得できるようになるので、こっちもとても便利だ。

有料プランにならないと使用できる上限は限られてくるが、Dropboxを使えば、ほとんどFTPクライアントソフトを使わなくなるので、そちらを検討してみてもいいかもしれない。

ということで、さようなら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サイト運営、アフィリエイト活動のアドバイスなどをメインに生活している30代。趣味はアウトドアやスポ-ツだが、ムラっ気がある。グッズだけ買って満足するタイプ。ヌルヌルした生き物 NG。苦しくなったらすぐに音を上げたくなる。北海道 - 大阪- 九州にて活動する意味不明の多拠点生活中。