ライティングとは何なのだ?今すぐ読みやすい文章を書くためのコツとトレーニング法

writing

どうもこんにちは、ライターやアフィリエイターとして活動しているちあき坊や君です。

いきなり私ごとで恐縮だが、僕は公務員の時に、スキルも資格も全くない状態から自分一人だけで起業した。

「ネット上で完結できて、自分のペースで稼げる仕事がしたい。」

そう思って起業したのだが、現在も僕は、結局のところ、「ライティング」しかしていない。

一人で起業して以来、ずーっと文章を書いてきた。

自分のブログやメルマガ、他人のステップメールやセールスレター、ランディングページなどなど・・・

それだけで身を立て、家族を養えるまでにビジネスを発展させてきた。

 

ネット上で何らかの情報発信をするなら、ライティングのスキルがほぼ全てだと僕は思っている。

ネット上のコンテンツは、文章がほぼ全てだ。

画像や音声、動画によって構成されるコンテンツもたくさんあるが、ユーザーが何らかの反応を起こす際に心が左右されるのは、やはり文字情報による所が大きい。

文章以外に、伝えやすい手段があまりないのだ。

だからこそ、「伝わりやすい文章を書くスキル」を磨くことは何よりも重要だ。

いくら素晴らしい商品や広めたい理念があったとしても、それが相手に伝わらなければその文章は価値を持たなくなる。

ライティングは、人に何かを伝えるための、人と人とを繋ぐコミュニケーション手段なのだ。

僕のように、ゼロ状態から何かを学ぶとしたら、まず間違いなくライティングからだとだと思う。

こんなにダイレクトに、自分の労力をお金に換えやすいスキルはないからだ。

もちろん、お金のために文章書くなよ、とは思っているよ。

と、いうことで、今回は、より多くのユーザーの心に、より深く訴求するためのコツや基本をお話ししていく。

ライティングとは?

ライティングとは、言うまでもなく文章を書く営みやそのスキルのことを指す。

広めたい商品や伝えたい思いがあるとする。

それをいかにわかりやすく、より多くの人の心に伝えることができるか?がライティングスキルだと思う。

当然、個人で生計を立てるブロガーやアフィリエイター、ライターにとっては、ライティングスキル次第で収入がいかようにも変わる。

人はネット上における文章を読んで、何らかの形で心を動かし、そこから何らかのアクションを起こす。

次の記事へのリンクをクリックしたり、広告バナーをクリックしたり、メルマガに登録したり、商品を申し込んだりする。

つまり、ネット上のメディアからの反応や数字を高めるためには、文章を変えることがほぼ全てだ。

もちろんデザインやレイアウトも大事だ。

だが、それでもやはり基本となるのが文章だ。

相手が人である以上、言葉によってコミュニケーションを取る。

ライティングの種類

一応、「ライティング」と呼ばれるものの中には、いくつかの種類がある。

様々な言葉の使い方がされていて、使う人によって意味合いが大きく変わってきたりする。

身近でよく使われるライティングの意味合いや定義付けはこんな感じだ。

ウェブライティング

Web上の文章における適切な文章を書くためのスキル。

ユーザーにとって読みやすく、検索エンジンからも高評価を得るための記事の書き方を指す。

主にPV数や滞在時間、巡回率アップのために適切な書き方を目指していく。

コピーライティング

一般的にはコピー(広告)を書く文章術のことを指す。

読み手の心理を動かし、何らかのアクション(商品の申し込みや登録)を促すような文章スキルを指すことが多い。

セールスレターやメルマガ、ブログ記事にてオファーをする際に求められてくるスキルである。

セールスライティング

セールスに特化したシーンにおける文章。

セールスレターと呼ばれる商品の広告ページを書く際のスキルとしてこう呼ばれることがある。

もはやコピーライティングと意味合いは一緒である。

たまたま、そのシーンに応じて言葉を使い分けているだけで、あえて分断して分けて考える必要はないと思う。

便宜上こういった分類で言葉を使うことはあるが、ライティングで大切な部分はどれも一緒だ。

どれも共通して忘れないでおきたいのは、

「人とのコミュニケーションであること」

だ。

それぞれのライティングを”知識”として学びすぎると、えてして

このテクニックをここで使おう

こうすれば反応がアップする

とか、そんなんばっかり考えてしまう。

それって、目の前の相手とのコミュニケーションとは言えないだろう。

目の前にいる保険か何かのセールスレディが、自分(お客さん)のことには一切無関心で、ただひたすら自分のジェスチャーのことばかりを気にして喋られるようなものだ。

あるいは、相手がやたらとこっちの動作をミラーリングしてきたり、「そこ?!」と思える場所でアホみたいに大きい相づちをしてきたりされたらイヤだろう?

そういう人とマジで直面したことがあるけど、気になって会話どころではなくなるのじゃ

そうではなく、ライティングはあくまで人とのコミュニケーションだということを常に念頭において書くようにしてくれ。

それだけで格段に文章は読みやすくなるはずだ。

ライティングにおいて最も重要なもの

ライティングにおいて最も重要なのは、

「読み手のことを思いやること」

だと僕は考えている。

僕はこれまで、たくさん文章を書いてきたし、他人の添削やアドバイスをしてきた。

その中で多かったのが、ライティングを勉強すればするほどかえって文章が読みにくくなるという傾向だ。

これは僕もまさにそうだったし、ライティングを学び始める8割くらいの人はこの状態に陥ると思う。

特に、コピーライティングやセールスライティングを学ぼうとしている人にはこの傾向が特に強い。

知識やテクニックばかりを学んでそれを駆使しようとすると、たちまち文章は不自然になる。

知識やテクニック、あるいは売上を伸ばすことだけを考えているだなんて、それは意識が「相手」ではなく「自分」に向いているようなものだ。

そうなるとたちまち「人と人とのコミュニケーション」ではなくなる。

取って付けた言葉を書こうとすると、文章が書き手の思いとフィットしなくなるのだ。

「相手を説得させよう」

「相手の心を突き動かそう」

こういう意識も、つまりは自分本位になっている。

そういう文章を読むと、読み手はそこから「奪うエネルギー」を感じてしまうものなのだ。

セールスレターやブログ記事を読んでいて、何となく「うっ…なんかちょっとこの文章、イヤだな〜」と感じたことはおそらく一度くらいはあるだろう?

そういう文章は、書かれている言葉そのものはどうであれ、相手を支配し、奪おうとするエネルギーが含まれているものなのだ。

一度、この感覚を養うためにも、

奪う文章か?
与える文章か?

というパラダイムを持って、色んな文章を改めて読んでみるといいと思う。

そうすれば、自分自身で文章を書く際に、与えるエネルギーを内包させた文章を書けるようにもなれると思う。

あくまで感覚的な話なのでこういうのが嫌いな人もいるかもしれない。

だが、とても大切なのであえて書いてみることにした。

今すぐ読みやすい文章を書くためのライティングのコツ

ここからは、読みやすい文章を書くためのコツやポイントをいくつか挙げていく。

ここでまとめた5つのポイントは、これまでたくさんの文章を添削やアドバイスしてきた中で気づいた、「ここをほんのちょっと変えるだけでグッと読みやすくなるのに!」というポイントだ。

今すぐ数字(反応)に繋がるようなエッセンスを詰め込んだので、自分のブログ執筆やライター業務に今すぐ導入してみてくれ。

 1.日本語の文法を整える

深い意味を持たせなければ、ライティングスキルとは「わかりやすい文章を書くこと」とほとんど同義だ。

吹き出し その上で「何を語るのか?」が大事というわけである

僕も今までたくさんの人の文章を見てきたが、そもそも「日本語的な文法がハチャメチャで読みにくい」ことが原因で数字(反応)が取れていないことは非常に多い。

で、この状態は、割とカンタンに正すことができる。

感覚的には、数時間〜半日くらいかけてみっちりと知識さえ覚えれば、それだけで案外、すぐに売上が伸びたり、文章力は劇的にアップする。

もし、ちょっとでもここに不安を感じるようであれば、ぜひちあき坊や君のメルマガ講座を受講してほしい。

無料で配信している電子書籍の中では「文法を整える」パートをみっちり解説しているので、ぜひこちらも参考にしてくれ。

2.主張に説得力を持たせる

グイグイと引き込まれる説得力も、文章の読みやすさに関わってくる。

説得力のない文章では、相手に価値を届けることはできない。

相手にこちらの主張を理解・納得・共感してもらえて初めて、相手との関係性を構築していくことができるのだ。

で、文章に説得力を持たせるコツやポイントはたくさんあるが特に意識しておくべきなのが「主張に対して理由や根拠を添える」ことだ。

まあこれはよく聞く話だと思うが、大抵の場合、主張に対する「理由」があればそれだけで説得力は増す。

「影響力の武器」という話に有名なエピソードがある。

心理学者のエレン・ランガー(Ellen J. Langer) が実験をおこなった。被験者がコピー機の順番待ちの列の先頭へ行き3通りの言い方で頼む。

1. 要求のみを伝える:「すみません、5(20)枚なのですが、先にコピーをとらせてもらえませんか?」
2. 本物の理由を付け足す:「すみません、5(20)枚なのですが、急いでいるので先にコピーをとらせてもらえませんか?」
3. もっともらしい理由を付け足す:「すみません、5(20)枚なのですが、コピーをとらなければいけないので先にコピーをとらせてもらえませんか?」

枚数が5枚の場合、要求のみのときの承諾率は60パーセントであるのに対し、本物の理由を付け足したときの承諾率は94パーセントであった。しかし、もっともらしい理由を付け足したときでも、承諾率は93パーセントに達した。

 

うん、そんな感じだ。

 

まあ「これを意識するだけで説得力はアップするからオッケー!」とかは言わないが、少なくとも「主張と理由はセットである」ことは、特に慣れないうちは意識しておくといいかもしれない。

慣れてくると、自然とそういう構成で書けるようになる。

基本的には

  1. 主張する
  2. 理由を添える
  3. 必要ならばもっと理由を添える
  4. 「だからこうなのです」と主張する

こんな流れを頭の中に持っておくだけでも説得力はアップすると思う。

「文章からの説得力をアップさせる方法」だけでおそらく1万文字くらいの記事を書けると思うが、まずは、

「こんな言い方で本当に読み手は信じてくれるだろうか?」

というのを徹底的に考えるようにしてみるといい。

そのセルフチェックで「こんなんじゃ、きっと納得してくれないだろうな〜」と思えるような書き方では、おそらくまだまだ足りない。

読み手は基本、絶対に信じてくれないのだ。

ちあき坊やさん
not believeじゃ

それを意識して書いてみてくれ。

3.相手が求めている情報を提供する

当然だが、ライティングは、相手が求めている話を展開していかなければ、そもそも興味を持ってくれない。

例えば、この記事の冒頭でこんな書き方をしていたらどうだろう。

とか、こんな記事だったらどうだろう。

クラゲさん
逆にそんな話を堂々とできちゃう精神性は美しい

「ライティング」というキーワードで訪れたユーザーは、まあ複合ワードにもよるが、基本的にはライティングにまつわる情報を知りたいと考えている。

なのに野球の話を展開している記事に訪れてしまうと、そりゃあたちまち離脱してしまうだろう。

大瀬良とジョンソンに興味があったとしても、書き手の冒頭でそんな話を展開しちゃうそのメンタルに違和感を感じて離脱する人も多いと思う。たぶん。

極端な例だが、こんな感じだ。

ライティングは、相手がその時々で求めているであろう話を展開していかないと意味がない。

職場とかでも、コミュニケーションが下手な人というのは大抵、

  • 人の話を聞かずに一方的に話が展開していく
  • 聞きたくもない話が始まる

こんな感じだろう?

つまりライティングは、「目の前の相手と会話するイメージ」を持っておくと、ひたすら書きやすくなるのだ。

逆に、文法や話の展開がチグハグになったり、唐突に話が始まったり終わったりして読者を置き去りにするような文章になってしまいがちな場合は要するに、「目の前の相手と会話するイメージ」が持てていない場合が多い。

このイメージを意識しておくだけで唐突にヘンな話になったり、言葉足らずになる機会が激減するのでぜひ意識してみてくれ。

4.その上でプラスアルファの価値をもたらす

これからのライティングは、「相手の求めている情報”以上のもの”」を書くスキルが求められてくる。

これはライティングスキルというよりは、もはや情報発信力そのものだ。

例えば、ブログやメルマガでも何でもいいが、「コピーライティングとは」というテーマで記事を書くとしよう。

そこで、

「コピーライティングとは、こういうスキルのことを言います。」

というような、ただそれを説明するだけの記事を書いていても、それだけでは読み手に価値を感じてもらうことはできない。

そういった、ウィキペディアさんや他の人に任せた方が話が早いような情報発信を、わざわざ自分がする必要はないのだ。

つまり、ただ「相手が知りたい情報を知らせるだけ」の情報発信は価値を持たない。

これはもう、かれこれ5年〜10以上前からよく言われていたことだが、これからはより一層、ユニーク性が求められてくる。

もちろん、ただユニークなだけでは意味がない。

読み手に対して新しい価値観や気づきをもたらせるような、あるいはこれからの「生き方」や「在り方」を示してくれるような、そんなコンテンツが求められてきているのだ。

情報発信で価値を提供するためには、カンタンに言うと

  1. エンターテイメント性を提供するもの
  2. 学びを深め、成長していけるもの

大きくはこのどちらかの方向性になる。

どちらも価値提供になるが、僕はどちらかと言うと「2」の方向にライティングの力を使いたいと考えている。

「1」でも人に夢を与えたり、多くの人に楽しい時間を提供することはできる。

多くの人気ブロガーみたいに、「面白さ」をキッカケに新しい世界を見せてくれるようなコンテンツもたくさんある。

が、もっと自分達で成長して、日本や世界をもっと良くしたい!そんな働き方をしたい!と言う人は、「2」のような要素を含めた発信をすべきだ。

それはもう、ライティングスキルが高い人にとっての責務だとさえ僕は思う。

その文章を読んだ人が、「もっと勉強したい!」「もっと成長したい!」と感じてくれるような、そんな可能性を広げられるような文章を、たくさんの人が書けるようになれたらいいよね。

ライティングの上達法

理想論や心構えだけを伝えていても仕方ないから、ここからは、ライティングスキル上達の具体的な方法についてお伝えしていく。

筋トレの場合は2〜3ヶ月ほどミッチリとトレーニングしないとなかなか目に見える効果は現れないが、ライティングは別だ。

昨日トレーニングしたものの効果が、すぐさま今日の文章力に繋がっていることを実感できる。

そこがライティングのいいところだ。

もうホント、ここに人生を投じる価値は十分あるんじゃないかと思っている。

特に初心者のうちほど効果の実感は顕著なので、以下から伝えるトレーニング方法を今日からでも取り入れてみてほしい。

1.写経

「写経」とは、他人の文章をそのまま書き写すトレーニングだ。

文章を書き写すことによって、文章の展開や言い回しをインプットする。

写経については賛否両論あるが、個人的にはけっこう推奨している。

ただ、やり方を間違ってしまうと写経をする時間も意味がなくなってしまうので注意が必要だ。

ただ文章をなぞって書き写すだけではライティング力はアップしない。

写経のポイントは、

「書き手の気持ちになりきってみること」

だ。

文字をただ書き写して、目に見える文字情報をインプットするのではなく、書き手と対話するつもりで写経するのがポイントだ。

「どういうつもりでこれを書いたのだろう?」

「なぜこのタイミングでこの言葉?」

こんな感じで、もはや書き手に対してたくさん質問するつもりで写経してみるのがオススメだ。

こういう写経の方が単純に面白いし、これは本を世の際の「精読」と感覚は一緒だと思う。

どの文章(コンテンツ)を写経すればいいのか?はなかなか難しいが、まずは自分が好きな文章を写経してみればいいと思う。

決して、「このコピーは実際に反応が出た事例です!」という文章は写経しないことだ。

巷では「成果が出たコピーこそが正しいのです」という風潮があるが、「このフレーズやこの文章が正解である!」のような考え方は危険だ。

最初から、文章に正解はない。

マーケティングの仕方や語り手、ターゲット、その時の状況によって結果は全てバラバラだ。

つまりその文章によって反応が取れているわけではなく、その背景や文脈(コンテクスト)によって、結果論としてその数字が出ているだけなのだ。

それを知らずに、表面だけの言葉をマネしても、写経は全く意味をなさない。

あくまで「書き手の感覚をウツすこと」を目指して写経をするのだ。

中途半端に「この人は稼いでいるから」だなんて理由で写経するのはやめた方がいい。

「この人の文章をマネして、それで仮に大失敗したとしても構いません。結果は全て委ねます」くらいに自分を預けられる人の文章を写経するのがいいと思う。

2.音声で喋る練習をする

ライティング力をアップさせる為には、書くだけでなく、自分自身で喋る練習がかなり効果的だ。

iPhoneの「ボイスメモ」機能などを使って、例えば3分!と決めて、1つのテーマで3分間スピーチをする。

中編なら10~20分、長編なら30~60分と決めるのもいい。

例えば、「ライティングとは?」などとテーマを決めて、それについて喋る。

で、それを後から文字にして記事化するなり、あるいはラジオ的なコンテンツとしてYouTubeやコミュニティ内でコンテンツとしても使えるわけだ。

これをいうと、必ず

「何で音声なんですか?ライティングなんだから、書いた方が練習になるんじゃないですか?」

みたいなことを言われたり言われなかったりするが、喋ってアウトプットする練習をしておくと、文章以上に

・その内容は面白いか?

・話がわかりにくくないか?

がわかりやすい。

そこでダメだった要素は、そのまま文章にもダイレクトに反映してくる。

そもそも、ライティングにおいて最も重要なのは「何を語るのか?」だ。

いくら文章を書くスキルが上手になったとしても、そこで語る内容がつまらなかった意味がない。

「書き方」の部分よりも「内容」こそがコンテンツの価値を決める。

声に出してアウトプットする練習は、

「何を語るのか?」

の部分を鍛えていくためのトレーニングと言える。

いくら優れた表現技法やセールステクニックを持ち合わせていたとしても、そこで語っている内容がしょうもなかったら、どんなライティングスキルも何も意味を成さない。

実際に喋ってみて、コンテンツそのものが面白いかどうか?を判断しながら、アウトプット力をトレーニングしてみてほしい。

3.感動した体験を文章にする

ライティングで特に重要なのは、「文章に感情を乗せること」だ。

感情の篭っていない文章を読んでも、読み手の心は全然動かない。

教科書や説明書や、イヤイヤ書かされた作文を読んでも面白いと感じない理由もここにある。

あるいは、人工知能が書いた文章を読んでも、きっと人は感動しないだろう。

「文章に感情を乗せる」という行為は、人間にしかできない営みなのだ。

そしてこれからの時代は、ロボットにはマネできない人間ならではの仕事にしか価値はなくなると言われている。

ライティングは、これからの時代を生き抜く上でも重要なスキルでもあるのだ。

なので、日頃から、普段生活していて感動した体験を、文章にして誰かに伝えるというトレーニングを取り入れてみてほしい。

例えば、映画や漫画を読んで感動した経験を、実際に書いてみる。

ブログなら「作品名 レビュー」「作品名 書評」などのキーワードで記事を書けば、そのまま検索エンジンにヒットしやすいのでオススメだ。

どうすれば「感情」という目に見えないものを文章に乗せることができるか?というと、書き手自身が感動した状態で文章を書くことだ。

そうすることによって、ようやくその文章に感情が乗り始める。

「この感動をアイツに伝えたい!」

こんな意識状態で文章を書くと、ビックリするくらい自分以上のパフォーマンスを発揮できるのだ。

まあアレだ、僕もわかってる。

これだけ聞くとオカシナことを言っているように聞こえているだろう。

が、おそらくこれがこの記事の中で最も重要なことだ。

オカルトチックな話は承知の上だが、それでもあえて書くことにした。

まあ、この辺はしのごの言わずにぜひやってみるといい。

映画のレビューを書くのであれば、その映画を観ている時の、その感動や映画の世界観の中に自分がいるかのような感覚で文章を書く。

これを続けていくと、

「これ、本当に自分の頭から浮かんできた言葉なの?」

ってくらいスラスラ書けるようになる。

最初は気の利いた上手なことが書けなくてもいいと思う。

感情を文章に乗せる意識を持って、それを相手に一生懸命伝えようと意識して書いてみる。

それだけで、たちまち臨場感のある文章になるはずだ。

いくら知識やテクニックを学んでも、こういうトレーニングをしないと本当の意味で人の心を動かせるライティング力は一向に上達しない。

コピーライティングを知識として覚えても意味がないという意味がようやくわかることだろう。

ぜひ意識してみてくれ。

ライティングのまとめ!

この記事を通して何を伝えたいのか?というと、一言で言うと、「ライティングを勉強するな」と言いたい。

もっと人を愛したり、目の前の相手のことを思いやる。

そういう時間を作った方が、ライティング力は間違いなくアップする。

まあ、現実的にはそれだけだと足りないことはわかっている。

でも、「人を愛する」とか「相手のことを思いやる」とか、これがあった前提で全てのライティングが意味を成すことは間違いないと思うのだ。

そこを知った上で、色んな知識を学んだり、実践してみてほしいと思う。

と、いうことで、健闘を祈る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サイト運営、アフィリエイト活動のアドバイスなどをメインに生活している30代。趣味はアウトドアやスポ-ツだが、ムラっ気がある。グッズだけ買って満足するタイプ。ヌルヌルした生き物 NG。苦しくなったらすぐに音を上げたくなる。北海道 - 大阪- 九州にて活動する意味不明の多拠点生活中。